40代独身、「結婚」の悩みを解決するスピリチュアル!

タイトル

こんにちは。元占い師のプロしあわせちゃん(@shiawasechannetです。(※詳しいプロフィールはこちら

 

しあわせちゃん
43才、バツなし独身です。

 

占い師をやっていたとき多かった質問は

やはり、

 

タコさん
私、結婚できますか?

 

というものでした。

 

20代から50代まで様々な年代の方がいましたが、

いざ占ってみると、

結婚したいって口では言ってるけど、本心では結婚したいと思ってない、

という結果ばかり。

 

「本当に結婚したいですか?」

と尋ねると、

「一度くらいはしたいと思ってるんですけど…(もごもごもご…)」

と口ごもる。

 

女性が「結婚したい」と口走るとき、

そのほとんどは「世間体」「常識」を気にしてのことです。

 

「年齢的に焦る」…

「結婚してないと負けている気がする」…

「やっぱり子供はいた方がいいかも」……

 

でも、その「世間体」「常識」って、

もうかなり古いんです!

 

21世紀になって18年が過ぎたし、

平成も終わるし、

「結婚」について、

スピリチュアルという壮大な視点で、

ちょっと真面目に考えてみませんか?

 

しあわせちゃん
ちなみに「スピリチュアル」って、日本では「精神世界」という意味で使われてますね。

 

スピリチュアルの基礎知識

本題の「結婚」について考える前に、

まずはスピリチュアルの基礎知識を押さえといて下さい。

 

※詳しくはこちらの記事を参照(↓)

40代から始める、人生のあらゆる悩みが解決するスピリチュアル!

2018.08.28

 

ざっくりまとめると、

 

スピリチュアルの基礎ポイント

*人は「魂の成長」のために生まれ、生きている。

*「魂の成長」のために何度も生まれ変わる。

*生まれる前に神様と相談して「魂の成長プログラム」を作ってくる。

*その「魂の成長プログラム」が「運命」である。

しあわせちゃん
OKですか?

 

「結婚」のスピリチュアル的な意味

魂を成長させるため、

どんな人の運命(魂の成長プログラム)にも問題がじゃんじゃんバリバリ起こります。

その課題をクリアすることで魂が成長する。

「結婚」もその課題の一つ。

イメージ

 

今世、必要な人もいれば、

必要ない人もいます。

必要な人は「魂の成長プログラム」に組み込まれてますし、

必要ない人は組み込まれてません。

 

つまり、

結婚は「運命」で決まっています。

 

結婚しない3パターン

今世、結婚しない人のパターンは3つです。

1、他人の魂の成長のお手伝いをする人。

2、結婚以外のことで魂が成長するようになっている人。

3、前世で夫や妻を粗末に扱った人。

 

1、他人の魂の成長のお手伝いをする人。

結婚という課題は前世までに終えて、

今世では結婚に使うぶんのエネルギーを、他人のために使う人。

他人の魂の成長の手助けをしていきます。

 

2、結婚以外のことで魂が成長するようになっている人。

親兄弟との人間関係や、

病気、障害など、

結婚ではない課題で魂が成長していきます。

 

3、前世で夫や妻を粗末に扱った人。

今世、結婚したくてたまらないのにできない。

孤独や挫折を味わうことで、

人のありがたさや温かさを学びます。

 

以上が主な3パターン。

例外もありますが、

だいたいはこれに分類できるでしょう。

 

結婚する2パターン

今世、結婚する人のパターンは2つです。

1、お互いが向き合って、魂を成長させていく。

2、タッグを組んで、他人の魂の成長の手助けをしていく。

 

イメージ

 

1.お互いが向き合って、魂を成長させていく。

「結婚」は「魂の成長プログラム」の中でもかなりハードな課題です。

ありとあらゆる問題を経験できるようになっています。

それを互いが乗り越えることで、

魂がどえらく成長することになっています。

 

ちなみにこのパターンは、

さらに3つに細分化できます。

*死ぬまで向き合って、互いを成長させていく。

*互いの成長を終えて、「2」の関係に進化する。

*成長の速度が合わなくなり、「別れ」を選ぶ。

 

2、タッグを組んで、他人の魂の成長の手助けをしていく。

いわゆる、「パートナーシップ」と呼ばれるものです。

「使命」を共にしていて、

現行の恋愛や結婚制度を超越した関係にある。

 

有名人だと、

松任谷正隆&由実夫妻、太田光&光代夫妻、サザンオールスターズの桑田佳祐&原由子夫妻なんかは、

このパターンでしょう。

 

自然に結ばれ、

離れることもない。

持って生まれたエネルギーや才能を2人の問題で消耗することはなく、

世のため人のために使っていきます。

 

「結婚」がスピリチュアル的に変わってきた

結婚する人の、

1、お互いが向き合って、魂を成長させていく。

2、タッグを組んで、他人の魂の成長の手助けをしていく。

 

昔は圧倒的に「1」のパターンが多かったのです。

みんな自分の魂の成長で必死でした。

しかし、人々の魂の成長とともに「2」が増えてきました。

 

「1」が主流だった時代、

人々が課題から逃げ出さないためにも、「結婚」という制度が必要でした。

「2」になると、もはやそんな制度は必要ありません。

 

原始時代より平安時代、平安時代より明治時代。大正、昭和、平成…

人々の魂は年々成長しています。

近年結婚率が下がっているのも、

すでに結婚という課題を終えた人が多いからではないか、

と私は思っています。

 

しあわせちゃん
怪しいので、信じなくてもいいですよ~(笑)



今回のまとめ

以上、スピリチュアル的に「結婚」を考えてみました。

「結婚」について、

窮屈すぎる「世間体」「常識」から解放される人がいるといいなあ…

という願いを込めて。

 

ちなみに私は、

制度的な「結婚」はしなくていいけど(「運命」だったらするけれど。笑)、

「パートナー」とは出会いたいです!

タッグを組んで、他人の魂の成長の手助けをしたいです!

 

しあわせちゃん
でへへへへ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA