40代独身、実家帰省あるある

タイトル

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannet)です。

43才バツなし独身子なしです。

 

しあわせちゃん
みな様、年末はどう過ごされますか?

 

私は帰省する予定です。

長崎県出身ですが、東京から福岡に移住して、帰省する回数がめっきり増えました。

【関連記事】40代独身、人生をやり直したい東京脱出「移住」、経験者は語る!移住4年目、住めば住むほど好きになる「福岡市」の魅力を、40代独身視点から語る!

両親もいい年なので、後悔しないよう、会えるうちに会っておきたい。

と思いつつ、40代子なし独身者の帰省って独特の空気が流れますよね。

今回は、「40代独身帰省あるある」を語りたいと思います。

 

この記事はこんな人におすすめ!
  • 40代独身者!
  • 40代独身者を反面教師にしたい20代、30代!



40代独身帰省あるある

もはや「結婚しろ」と言われない

30代まで散々言われてました。

40代になって全然言われなくなりました。

諦められたのと、その話題で険悪なムードになりたくないのと、世間の独身に対する価値観が変わってきたのと、親の価値観も変わってきたのと…

いろいろでしょうね。

言われるとイヤだけど、全く言われなくなるのも寂しい(笑)すみません。

 

話すことがない

私は、「結婚」「将来」「貯金」などとやかく言われたくない。

親は、「老い」「介護」「認知症」「免許返納」など考えたくない。

お互い、面倒臭い話題を避けたがるので、話すことが全くありません。

「××さんが死んだらしい」「○○さんが入院したらしい」という他人の近況話とか、テレビのワイドショーネタとか、

どうでもいいことで場を繋ぎます。

 

姪と甥に電話する

沈黙の父(68才)、母(69才)、私(43才)……

重い空気に耐えられないのか、毎度、父が姪と甥に電話を始めます。

が、姪と甥も大きくなってきたので、あまり相手をしてくれません。せつない。

 

母が用意してくれるごはんがうまい

実家にいるときあたり前と思ってたけど、

誰かがごはんを作ってくれるって、めっちゃありがたいことですよね!

しかも美味い。自分で作るのと全然違う。

ありがたいです。感謝です。

 

食糧を持ち帰る

実家ってなんであんなに食糧豊富なんでしょう?

私の場合、空のスーツケースで帰省して、実家にある食糧いっぱい詰めて、一人暮らしの家に戻るようにしています。

そんな40代。

 

父にちょっとイライラ

40代の親世代だと、「女は男に従う」のが当然じゃないですか。

うちの実家でも母が父に従ってて、

帰省したときは私も父に従うことになります。

エアコンの温度設定とか、風呂の温度設定とか、電気つけっぱなしとか…

些細なことなんですけど、ずっと一人暮らしで人に合わせることがない自分としては、かなりストレス溜まるんですよね。

そんな自分はやっぱり結婚向いてなかったのかなあと思いつつ、

イライラしてます(笑)

 

両親がうらやましい

両親は結婚して46年になります。

46年連れ添った夫婦の空気感を、うらやましく感じるときがあります。

孫いるし、家あるし、近所付き合いあるし、仕事あるし(漁師)、年金もらってるし…

若いときはバカにしてた「田舎者の地に足ついた生活」がまぶしい。

 



今回のまとめ

今回は、一人で帰省したときについてまとめてみました。

姉妹やその夫、姪甥、親戚が集ったときの「あるある」もまた今度(笑)

40代独身者はまだまだマイノリティ。

せつないこともあるけれど、そのぶん自由もあるし、みな様、強く生きていきましょう!(どんなまとめだ)

 

しあわせちゃん
どなた様も、楽しい帰省ライフを~

【実家ごはん】長崎県の離島出身・父は漁師・帰省したとき晩ごはんレポートしてみました!

2018.08.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA