教習所がつらい!40代、地獄の運転免許取得体験談

タイトル

こんにちは。43才プロしあわせちゃん(@shiawasechannetです。

今年の3月に運転免許を取得したばかりです。

 

しあわせちゃん
社会人になって25年、一番つらかったよーーーーーーーー!!!

 

そんな地獄の日々を支え、励ましてくれたのは、インターネットにあがっている体験談の数々でした。

今度は私が支え、励ます番。

そんな気持ちでこの記事を書かせていただきます。

誰かのお役に立てますように…

 

この記事はこんな人におすすめ!
  • いま教習所がつらくてたまらない人!
  • 40代で教習所に通おうと思ってる人!



免許取得の経緯

(※興味がない方は読み飛ばして下さいませ

 

私は長崎県の離島出身で、高校を卒業後すぐに上京しました。

東京は交通機関が発達しており、車がなくても暮らせます。

なので、運転免許は取らないままでした。

 

39才で福岡移住。

介護の職業訓練に通い、「ケアマネジャー」を目指すことにしました。

福岡でその仕事をやるには車を運転する必要があります。

42才。運転免許を取得する決意をしました。

 

近所の2校からパンフレットを取り寄せて、感じがいい方を選びます。

教習所には12月から通うことになりました。

いろいろなコースがある中で「スピードプラン」を選びました。

料金は割高でしたが、技能(乗車)の予約が取りやすく、最短2週間ほどで免許が取れるとのこと。

車の免許なんてみんな取ってる、簡単だろう…

そう思っていました。

しかし…

 



ここがつらいよ、教習所!

周囲が若者だらけ!

私は12月から教習所に通いました。

12月とはいえば学生たちの冬休み。

教習所がもっとも混雑する時期に突入です。

高校生や大学生に混じって教習を受けるの、めっちゃ恥ずかしかったです。

 

誰も私のことなんて気にしてない、単なる自意識過剰であることはわかっています。

でも、どうしても気になります。

こんなばばあが紛れ込んじゃってすみませんと萎縮する。

色々もたつく度に、「若い子はもっとすんなりできるんだろうなあ」と自分を責める。

 

みんなが仲間同士でわいわいジャレてる中、

一人ポツンといるのもつらかったです(号泣)

 

教官が嫌味っぽい!

繁忙期で、教官たちも疲れてたのかもしれません。

または、元からの性格かもしれないし、私がばばあだから意地悪してきたのかもしれないし。

セリフがいちいち嫌味っぽいんですよね。

 

右車線と左車線間違えそうになったとき、

教官
外国に住んでたことあるの?
しあわせちゃん
ないです
教官
左車線に入るから、外国に住んでたことある外国人かと思っちゃった、ははははは

 

とか言ってくるんですよ。

「車線、間違えないで」って普通に注意してくれればよくないですか?

 

あとは、「(運転下手糞だけど)自転車は乗れるの?」ってバカにしてきたり。

路上で、信号待ちしてるとき話しかけてきて、会話に気を取られて発進のタイミングが遅れるじゃないですか、そうすると怒ってきたり…

 

私の被害妄想??(笑)

 

運転ができない!下手糞!

できないから教わってるんですけど、

あまりにできないとやっぱり凹みますよね。

スピード出すの怖いし、カーブでぶつかりそうになるし、右折左折で縁石乗り上げるし、S字で脱輪しまくるし…

学生たちは仲間どうして情報交換したり、励まし合うんでしょうけど、

私はポツンと一人だし。

 

「こんなに下手糞なのは私だけだ、私がばばあだからだ、恥ずかしい、先生たちもきっと呆れてる、繁忙期なのに手間取らせやがってと、苦々しく思ってるに違いない…」

自分で自分を追いつめてました。

マジで、鬱寸前だった。(´;ω;`)

 

そもそも運転が好きじゃない!

これ言ったら終わりですけど、

教習所が苦痛な人って、そもそも運転向いてないというか、運転好きじゃないですよね?(笑)

運転が好きな人に教習所時代の思い出を聞くと、

「路上出て一発目で壁にぶつけたけど楽しかった、わはははは」

とか笑ってますもんね。

 

某宇多田ヒカル様は、免許取得前にポルシェを買ってたけど、運転向いてないと悟って免許取るのやめたらしいし。

某はあちゅう様も、教習所に入金したけど、通ってすぐ自分には向いてないと思って、タクシー生活できるくらい稼ごうって方向に切り替えたらしいし。

 

好きじゃないことやるってつらいから、

やらないという選択も大事なのかもしれません。

 



地獄の教習所、私はこうして乗り切った!

下には下を探す!

「教習所,地獄」「教官,ムカつく」「運転,怖い」「教習所,辞めたい」で毎日ネット検索してました。

自分と同じように苦しんでる人、

自分以上に下手糞でやばい人のブログを読んで癒されてました。

 

私が読んだ中で凄かったのは、

補講20くらい受けた人ですかね。(私は補講4でした!)

あとは、カーブでブレーキとアクセル踏み間違って、田んぼに突っ込んで、教官から「免許取るの諦めて下さい」

ってお願いされた人。

 

しあわせちゃん
下には下がいるーーーーーーーーー

 

すごくうれしかったです。

めっちゃ励まされました!感謝(´;ω;`)

 

教官変更!

最初、ピチピチの新人教官様が担当してくれてたんですけど、

私があまりに下手糞で、上達もせず、凹んでたせいでしょう。

新人教官様が提案してくれました。

「僕の経験が浅くてすみません。ベテランの先生ならなんとかしてくれるかもしれません」

 

さっそく窓口に相談。

ベテラン先生にチェンジしてもらったところ、これが功を奏しました。

教え方が的確!

そのぶん新人教官より嫌味っぽかったですけどね(笑)

 

教官との相性ってあると思います。

 

とある本を購入!

技能(乗車)を10時間くらい終えたところで、あまりにつらすぎて、

登校拒否になっちゃったんですね。

でも、お金も払ってるし、辞める決意もできない。ネットで検索ばかりしてました。

したっけ、とある本を見つけました。

 

『40代、50代からの運転免許取得術』

本

 

情報商材というやつで、

9900円(印刷郵送だと13400円)します。

こんな高額な本、普段なら買いません。

でも、本気で弱ってました。補講費用やキャンセル料がバンバンかかって、金銭的にも麻痺してました。

13400円でこの地獄から抜け出せるなら安いもんだと思いました。

 

これが大正解!!!

元教官様が書かれた本なのですが、

中年の気持ちにめっちゃ寄り添ってくれてます。困ったときは無料でメール相談まで受けてくれるのです。(私は利用せずに済みました。)

教習所に仲間がいなくて孤独を感じてたので、

この本が心の支えになりました。

 

諸事情でこのページに直接リンクは貼れませんが、

『40代、50代からの運転免許取得術』のタイトルで検索したら出てきます。

私が免許を取れたのはこの本のおかげです。

ありがとうございます。感謝。

 

イメトレ!

前述の本に「イメトレ」がとても大切だと書いてありました。

それからは必死にイメトレをしました。

そしたら格段に上達!!!

 

しあわせちゃん
こんなこと教習所では教えてくれなかったよーーーーーー

 

イメトレ、絶対におすすめです!

 

得意分野を磨く!

仕事でも何でもそうですが、

1つでも得意なことがあると、それが自信になって他も上達してきますよね。

 

私の場合、勉強が好きなので学科は自信がありました。

運転は、最後まで下手糞でしたけど、「イメトレを真面目にやっている、努力している」ということが拠り所となり、

徐々にこなせるようになっていきました。

 

人参をぶら下げる!

登校拒否で、教習所をやめようかどうか迷ってるとき、親が、

「免許取ったら車買ってやる」と言ってくれました。

40代なのに甘ちゃんですみません(笑)

 

これで俄然やる気が出ました。

ご褒美的なものを用意するのは効果があると思います。

結局、免許を取ったあと「もう運転はしない」と決めたので、

買ってもらってないですけど(笑)

 



私の失敗~これから免許を取得する方へ

覚悟が甘かった

運転なんて誰でもできると思ってました。

そんなことないです。

お金さえ払えば免許は取れるけど、運転ができるかどうか、好きかどうか、向いてるかどうかはまた別問題です。

向いてなかった場合、相当苦労します。

最初から「苦労する」と覚悟を決めてれば乗り越えられますが、

「簡単に取れる」とナメてかかってた場合、

ポッキリ折れます。

 

繁忙期は避ける

繁忙期は教官も疲労困憊、イライラしています。

学生が多いので、己の年齢にも凹みます。

どうしてもの理由がある場合をのぞいては、閑散期を狙いましょう。

一般的には、5~6月、9~11月あたりと言われています。

 



免許取得後

これだけ苦労して免許を取得したものの、

運転全然してません(笑)

免許を取ったのはケアマネジャーになるためでしたが、

車の運転するくらいならケアマネジャーなんてならなくていいと思いました(笑)

人生長いようで短いから、

苦手なことはやらなくていいですよね!

 



今回のまとめ

とにかく伝えたいことは、

 

しあわせちゃん
教習所がつらいのはあなただけじゃないです!大丈夫です!!!

 

ということです。

自動運転、はやく普及してちょんまげ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

43才バツなし独身こじらせ毒女。競馬予想師、六本木キャバ嬢、銀座ホステス、脚本家、占い師、訪問ヘルパーを経ていまブロガー。好きな場所で好きな時に好きなことを書いて暮らしたい!「共感」「発見」「勇気」「安心」をギブしたい!