40代独身、老後に備えてはじめよう「趣味・特技」18選!

タイトル

こんにちは。43才バツなし独身子なし・現役訪問ヘルパーのプロしあわせちゃん(@shiawasechannet)です。

 

しあわせちゃん
趣味や特技、ありますか?

 

40代独身者にとって「趣味・特技」は必須だと、

訪問ヘルパーとして独居老人宅をまわりながら思います。

なぜなら、趣味や特技があると「居場所」ができるからです。「居場所」とは「人から求められる」「人から感謝される」「人の役に立つ」「生きていて欲しいと願われる」「情熱をかたむける対象がある」ことだと考えます。

子供や孫がいれば比較的達成されやすいことです。

しかし、40代独身者はいまのうちから自力で備えておかなくてはなりません!【関連記事】孤独死が怖い!40代独身、いま何をするべきか?

一緒に「趣味・特技」探しませんか?

今日は、「40代独身者が老後に備えてはじめる「趣味・特技」候補」を18コ紹介します~

 

この記事はこんな人にオススメ!
  • 「老後」が不安な40代独身者!
  • 「趣味」を探している40代独身者!
  • 「特技」が欲しい40代独身者!



40代独身者が始める「趣味・特技」の条件

  • 人の役に立つこと!
  • 年を重ねてもできること!
  • やればやるだけスキルアップできること!

 

以上、3つが必須条件です。

この3つを満たしていれば、独身者でも、「趣味・特技」によって「老後の居場所」ができる可能性が高い。

「人から求められる」「人から感謝される」「人の役に立つ」「生きていて欲しいと願われる」「情熱をかたむける対象がある」と考えます。

「人の役に立つ」という項目については、

10年続けてれば何でも、ある程度の腕前にはなります。

その趣味や特技が直接人の役に立つものでなくても、人に教えることで感謝されたり、イキイキと趣味に邁進する姿を見せることで他人に勇気を与えることもあります。

なので、「自分が10年続けられそうなものを選ぶ」のが一番です。

まずは、「体験コース」などを利用して、手あたり次第やってみること。そこから自分が興味を持てそうなものが見つかるはず、きっと!!!!!

 

しあわせちゃん
40代、老後まであと30年あるから大丈夫~

 

それでは、18コを紹介します…



「趣味・特技」(文化系)

1.公募

『公募ガイド』ってご存知ですか?

俳句、イラスト、写真、エッセイ、小説、論文などのコンテスト情報や、懸賞情報が載っている雑誌です。

趣味、「公募生活」はいかがでしょう。

コンテストは入賞すれば賞金が出ます。懸賞は当たればいろいろもらえます。

いまは郵送ではなくネットでの応募も増えてます。

費用がかからないのに見返りの可能性がある。コストパフォーマンス抜群です。

また、コンテストに応募するうちに、己の未知なる才能が開花することもあります。

  • (メリット)お金がかからない。実益の可能性がある。足腰が弱ってからでもできる。
  • (デメリット)一人黙々。

 

2.海外ドラマ視聴

海外ドラマは面白いです。なぜなら、面白い作品だけが輸入されてくるからです(笑)

ハマって見てるうちに外国語に興味を持ったり、ファンサイトやコミュニティに参加したり、ロケ地巡りで海外に行っちゃったり…

展開が広がっていくのも、趣味としていいなあと思います。

いまはレンタル屋さんに行かなくても、ネット配信で存分に見られます。【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

  • (メリット)お金がそんなにかからない。ドラマをきっかけに興味が広がっていく。
  • (デメリット)視聴姿勢によっては腰や目が痛くなる。

 

3.刺繍(ハンドメイド系)

熱中できたら楽しそう。

作った作品は、売るのもいいし、欲しがってる人にあげるのも喜ばれるし。

上達したら他人に教えてあげるのも素敵。

向き不向きはかなりありそうだけど、興味があるならチャレンジ!

  • (メリット)難易度が高いので「特技」として認められやすい。実益の可能性がある。人に喜ばれる。
  • (デメリット)道具が必要。目や手や脳が疲れる。

 

4.合唱

大人の合唱チーム、いろんな地域にあるみたいです。

学校でやってたようなやつとか、ゴスペルとか。

みんなで声を揃えて歌うの気持ちいいし、大声を出すことは健康にもいいし、人との出会いや交流も楽しめそうです。

プロの歌手なら加齢による声帯の衰えは問題だろうけど、素人の趣味なら大丈夫。年代関係なく続けられます。

音楽繋がりで、カラオケや楽器への発展も面白そう。

  • (メリット)お金がそんなにかからない。みんなでワイワイ楽しめる。
  • (デメリット)人間関係に問題が生じたときは面倒。

 

5.料理

料理は生活としてみんなやるものだから、「趣味・特技」にするにはよっぽどの腕前が必要です。

でも、ジャンル特化型ならいけそうな気がします。

「ピクルスだけは誰にも負けない」とか「タコ料理なら専門的」とか。「オムライス博士」「スイーツの女王」「缶詰料理の達人」「梅酒マニア」「梅干し人間」とか…

「漬ける系」は人にあげたら喜ばれそう。

  • (メリット)生活の延長で気軽にできる。
  • (デメリット)味音痴だった場合の悲劇。

 

6.読書

趣味の定番、読書。

体力がなくなってもずっとできるし、知識量や語彙量増えるし、心が豊かになるし、言うことないです。

読むだけで物足りないなら、ジャンルを絞って、そのジャンルの作品にやたら詳しくなるのもオススメ。

あとは、「読書会」なども全国で開催されています。(日本最大位の読書会コミュニティ『猫町倶楽部』など)

課題図書を読んで、みんなで感想を言い合って、その後は飲み会。2回参加したことあるけど、楽しかったです~

【関連記事】ハズレなし!40代女性におすすめしたい小説10冊!

  • (メリット)お金があまりかからない。ずっと続けられる。
  • (デメリット)地味。ありきたり。

 

7.神社仏閣巡り(「巡り」系)

神社やお寺、素敵ですよね。

有名なところを旅してまわるもよし。名もなきところを発掘するもよし。歴史を深く勉強していくもよし。

1人でまわるのもいいし。仲間と一緒でもいい。

神社やお寺の近所の飲食店やおみやげ屋さんを開拓していくのもいい。

いろんな楽しみ方ができそう。

「温泉巡り」「カフェ巡り」「雑貨巡り」「漁港巡り」「回転鮨屋巡り」「図書館巡り」…「巡り系」にはいろんなバージョンがあります。

自分にピッタリの「巡り系」を探し出せたらきっとハッピー。

  • (メリット)いろんな楽しみ方ができる。
  • (デメリット)お金がかかる。

 

8.ボランティア

わかりやすく人の役に立つことといえば、これ。

いろんな種類があります。

体力が必要な、災害ボランティア、マラソン大会の運営の手伝い、町のゴミ拾い…

体力に自信がないなら、老人ホームでの傾聴、レクレーションの盛りあげ役…

視覚障害者のために本を朗読して録音するボランティアや、本を点字に翻訳するボランティアもあります。

お金があるなら、発展途上国の子供の支援もいい。(『プラン・インターナショナル・ジャパン』など)

地域のボランティアセンターや福祉協議会を検索すると、募集情報が確認できます。

  • (メリット)わかりやすく人の役に立てる。
  • (デメリット)無報酬ながら「責任ある役割」を求められる。

 

9.占い

私事ですが、占いの館で占い師をやっていたことがあります。その館のマネージャーが言ってましたが、占い師で一番人気が出やすいのは70代女性だそうです。

年を重ねることがプラスになる素敵な職業。

女性は占いが大好きなので、やってあげたらとても喜ばれます。

40代のいまのうちから「趣味・特技」として習得しておけば、老人になってから役に立つこと間違いなし。

勉強方法はこちらからどうぞ。【関連記事】40代からの転職・副業『占い師』になるには?

  • (メリット)年を重ねてもできる、むしろ加齢がプラスになる。
  • (デメリット)習得が難しいものもある。

 

10.資格取得

いわゆる「資格マニア」。

結果が確実に積み上がっていくのがいいですね。

知識も増えるし。頭を使うから認知症予防の脳トレにもいいし。試験の緊張感も心地いい。

余談ですが、先日どこかのサイトで、「90代で介護の資格を取った」という記事を読みました。仕事として資格を生かすのは難しいけど、趣味としての資格取得ならいくつになっても大丈夫そう!

【関連記事】40代、資格取るなら『介護職員初任者研修』がおすすめ!

  • (メリット)やり甲斐がある。認知症予防の脳トレ効果。
  • (デメリット)お金がかかる。

 

11.家庭菜園

スーパーや店で手軽に買える野菜やフルーツや花も、自分で作るとめっちゃ大変ですよね。

だからこそ、立派に育ってくれたときの喜びが大きい。

できた物は、販売するのもいいし。そのまま人にあげても喜ばれるし。ひと手間加えてから配るのも楽しいし。

自分で作った物って、不格好でも美味しいんですよね~

  • (メリット)達成感がある。実用的。心が豊かになる。
  • (デメリット)場所が必要。

 

12.陶芸

土や粘土に触れると落ち着きます。

やればやるほど上達しそう。

作った物は自分で使うのはもちろん、あげてもいいし、売ってもいいし。

夢が広がります。

  • (メリット)上達する。物が残る。
  • (デメリット)装置が必要なため一人ではできない。

 

13.ブログ

単発でやるというよりは、他の「趣味・特技」にオプションとして追加です。

「趣味・特技」を始めたらブログで発信です。

継続のモチベーションになるし、情報を発信することで誰かの役に立てるし、仲間ができる可能性もあります。

無料のブログはたくさんあるし、広告を貼りつけて収入を得ることもできる。

文章が苦手な人は写真でもOK。

私たち世代の老後は「ネットスキル」が非常に重要だと、しみじみつくづく感じる日々です。

まずは、ブログで準備です。

  • (メリット)お金がかからない。自分の体験が誰かの役に立つ。繋がりを得られる。
  • (デメリット)特になし。

 

「趣味・特技」(体育系)

14.ゴルフ

年を重ねてもできるスポーツの代表格。

準備やプレイにお金がかかったり、ゴルフ場までの移動に車が必要だったりしますが、

周囲にゴルフをやってる人がいるなら始めやすそう。

  • (メリット)健康にいい。人と交流ができる。
  • (デメリット)お金がかかる。移動が大変。

 

15.ダンス

ダンスといっても種類がたくさんあります。

フラダンス、社交ダンス、ベリーダンス…

テレビで、70代の男性が若者と一緒にヒップホップダンスしているのを見たことがあります。コンテストに出場したりして、すごく楽しそうでした。

いくつになっても、やってやれないことはなさそう。

  • (メリット)健康にいい。人と交流ができる。
  • (デメリット)ケガに注意。

 

16.釣り

釣り糸をじっと垂らして、ビール飲みながら読書するとか最高です。

外出できる能力が残ってれば、年を重ねてからでもできそう。

近所に海や川があることが条件ですね。

  • (メリット)体力がなくてもできる。
  • (デメリット)場所が必要。

 

17.エキストラ

映画やCM、カラオケ映像などに出てみるのはいかがでしょう。

年齢経験不問で登録できるエキストラの会社あります。

会社に登録しなくても、作品ごとの募集もあるので、気が向いた時に体験してみるのも楽しそう。

  • (メリット)非日常体験ができる。出演作が残る。
  • (デメリット)気力・体力が必要。

 

18.筋トレ

筋肉って40代の今からでもつくみたいです!(ネット情報)

自己流だと関節や筋を痛めやすいので、スポーツジムで、きちんとトレーナーについてやった方がいいとのこと。

やればやったぶんだけ成果が出そうだし、

独身者のこれからの人生、マジでガチで丈夫な体が大切だから、やっておくべきかも…

やりたい…【関連記事】老化現象?40代女性、びっくりした体の変化ランキイング!40代独身、年々メンタル弱い人になっている気がする

  • (メリット)やり甲斐がある。健康にいい。
  • (デメリット)お金がかかる。

 



今回のまとめ

【文化系おすすめ】

  • 公募(俳句、イラスト、写真、エッセイ、小説、論文、懸賞など)
  • 海外ドラマ視聴
  • 刺繍(ハンドメイド系)
  • 合唱団(カラオケ、楽器)
  • 料理
  • 読書
  • 神社仏閣巡り(温泉巡り、カフェ巡り、雑貨巡り、漁港巡り、回転鮨屋巡り、図書館巡りなど)
  • ボランティア
  • 占い
  • 資格取得
  • 家庭菜園
  • 陶芸
  • ブログ

 

【体育系おすすめ】

  • ゴルフ
  • ダンス
  • 釣り
  • エキストラ
  • 筋トレ

 

「体育系」だけだと、体が弱って動けなくなったとき何もなくなってしまう。

「文化系」だけだと、不健康になりやすい。

両ジャンルから1つずつ選択して、さらに情報を「ブログ」で発信していくのがよかろうもん?

 

しあわせちゃん
よーし、とりあえず、手あたり次第体験してみるぞ!
タコ師匠
どなた様も、楽しい趣味ライフをやで~
タイトル

40代、独身でよかったこと

2018-12-29
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA