ドラマ「FAKEMOTION卓球の王将」第1話感想&ネタバレあらすじ

アイキャッチ

こんにちは。毒女(@doramaotaku_proです。

F2層(35~49歳女性)です。ドラマオタクです。元脚本家です。

美人さん

「FAKEMOTIONー卓球の王将」始まった!みんな見てるかな?…どうだったかな?…面白かったかな?…つまらなかったかな?…他の人の感想が知りたい!!!

気になってる方、いますか?

私です。自分が面白いドラマを他の人はどう思っているのか。自分がつまらないドラマを同じくつまらないとブーブー文句垂れてる人はいないか。

共感を求めて、ネットで検索しちゃいます。

脚本家としては四流でしたが視聴者としては超一流、子どもの頃からドラマオタクの「プロ視聴者」。「F2層」「元脚本家」の視点から、

今回は、「「FAKEMOTIONー卓球の王将」の感想&ネタバレあらすじ」を記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:『FAKEMOTIONー卓球の王将』公式ページより)



「FAKEMOTIONー卓球の王将」感想まとめ

ドラマとしては面白くなかったです。

  • キャラクターがつまらない
  • ストーリーがつまらない
  • 既視感ある
  • 内容ベタなのにわかりづらい

いいとこありませんでした。

でもこういう企画はドラマとして捉えてはダメですよね。

アイドルのPVですよね。

自分の好きなアイドルがやってたらと妄想すると、すごくうれしいし、楽しいし、興奮するし、ぜひ、やって欲しいです!!!

出演者みなさまかっこよく映ってました。

出演者のファンなら絶対盛り上がる。

ドラマとしてはつまらないです。

でも、つまらなくていいのだと思いました。

毒女

では、ネタバレあらすじと共に、さらに感想をちょこちょこ記します!



「FAKEMOTIONー卓球の王将」第1話ネタバレあらすじ&感想

暴行事件

恵比寿長門学園の高杉律(佐野勇斗)が代官山高校の卓球部に殴りかかります。

理由は後に明かされます。

設定の紹介

ナレーションと映像で紹介されます。

20XX年東京。

トレンドの中心は卓球。

高校の優劣を決めるのも喧嘩や勉強ではなく卓球。

激戦区東東京の頂点に君臨するのは薩川大学付属渋谷高校(薩高)。王者の立場を利用して、好き放題にやっている。

そんな状況を変えるべく立ち上がったのが恵比寿長門学園(エビ高)

高校同士のプライドをかけた戦いの火ぶたが切られる――

【感想】

いくらドラマとはいえあまりに突飛な設定(笑)

LDH系列で喧嘩モノや王子モノのドラマを見たことがありますが面白かったです。

喧嘩や王子は人間の本能と繋がってるから、設定を無理なく受け入れられるのでしょうか。

卓球で全ての優劣を決めるのは人類の生理としてありえないからなあ…

でも、出演者のファンがいいならいいと思います。

底辺のエビ高

律の暴行事件から半年後。

エビ高は卓球の試合で薩高に負け、底辺ランクになっています。

律の暴行事件のせいで半年間の謹慎。リベンジ戦も許されませんでした。

エビ高卓球部のエース桂光太郎(古川毅)は、律への怒りを抱えながら、練習に励んでいます。

【感想】

卓球部エース役の古川毅くんがかっこいい!

律、卓球部にスカウトされる

ある日、律は卓球部の部長松蔭久志(北村匠海)から卓球部にスカウトされます。

律には「聴力」(耳がいい)という特殊能力があります。その能力を買われたのです。

律の友人2人も律に卓球をやるよう勧めます。

実は、律と光太郎は幼なじみです。友人2人もまじえて、昔はみんなで楽しく卓球を楽しんでいました。

が、律は今は卓球を憎んでいます。卓球なんてやらないと断ります。

【感想】

律が卓球をやめた理由は描かれてましたか?

2回見たけどわからなかった。

自分が見逃したのか…今後描かれるのか…

シーンやセリフの並びが無駄にごちゃごちゃしてていろいろ理解しづらかったです。

エビ高と代官山高校の試合が決まる

エビ高の半年ぶりの試合が決まります。

代官山高校は薩高の傘下であり、この試合は薩高が仕組んだものです。

【感想】

試合を仕組んだ理由は、「高校卓球界を活性化させるため」でしたっけ?

それとも薩高がエビ高に因縁があるんでしたっけ?

このあたりも理解しづらかったです。

試合当日

代官山高校の面々がエビ高に乗り込んできます。

エビ高の生徒に土下座させたり、やりたい放題です。

律の友人2人も代官山高校の生徒から好き勝手にやられてしまいます。

それを知った律はキレます。

実は、半年前の暴行事件も友人2人をかばってのものでした。

律、試合に乗り込む

エビ高vs代官山高校の試合が行われます。

エースの光太郎が追い込まれます。

そこへ、律が登場。

卓球部に仮所属することを部長の松陰に伝えます。

光太郎と選手交代して代官山高校と戦います。

律は聴力を使って、代官山高校に勝利します。

そこへ、王者薩高の面々がやってきて――(続く)



「FAKEMOTIONー卓球の王将」番組概要

FAKE MOTION

(写真:『FAKE MOTION』公式ページより)

  • 放送:日本テレビ水曜24時59分~(4月8日スタート)
  • 企画・原案:汐留ヱビス商店街「FAKE MOTION-卓球の王将-」
  • 主題歌:まふまふ「FAKE MOTION」
  • 監督:河合勇人、千村利光
  • 脚本:小山正太
  • エグゼクティブプロデューサー:沢桂一、藤下良司
  • プロデューサー:前田直敬、水田貴久、森田美桜
  • 出演:佐野勇斗、古川毅、橘柊生、田中洸希、吉澤要人、北村匠海、田中雅功、髙田彪我、山中柔太朗、髙松アロハ、富本惣昭、草川拓弥、小笠原海、村田祐基、船津稜雅、松尾太陽、福田佑亮、森崎ウィン、板垣瑞生、矢部昌暉、泉大智、ジャン海渡、加藤諒、池田彪馬、坂口涼太郎、尾北つば翼、仲田博喜ほか
  • あらすじ:卓球スポーツ青春ドラマ!



今回のまとめ

何度も言いますが、ファンなら楽しめそうです!

自分の好きなアイドルにもやって欲しい…

毒女

好き勝手に批評してすみませんえん。
連ドラ大好き、最高!

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA