40代おすすめ『FP(ファイナンシャル・プランナー)3級』資格

タイトル

こんにちは。43才プロしあわせちゃん(@shiawasechannetです。

 

美人さん
FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格に興味あるけど、どうなんだろう?…難しいのかな?…お金かかるのかな?…役に立つのかな?…

 

迷ってる40代の方、いますか?

数か月前の私です。先日、「FP3級」を受験しました。

もっと早くに勉強しておけばよかったーーーーーーーと叫びたくなりました。義務教育にしてもいいくらい、価値のある内容です。

40代のいまからでも遅くない!学んで損はありません!!

今回は、「FP3級」資格について記します。

参考になれば幸いです~

 

この記事はこんな人にオススメ!
  • 「FP3級」資格に興味がある人!
  • 「何か資格を取りたい」と考えている40代!



「FP3級」資格のメリット&デメリット

【メリット】

  • 人生の役に立つ!
  • 簡単なのに「国家資格」!

【デメリット】

  • 簡単すぎる…
  • 単品で「転職」「仕事」の役に立つことはない…

1つずつ見ていきましょう。

 

デメリット

簡単すぎる…

内容自体は簡単ではありません。

範囲は広いし、覚えることもたくさんあります。金融知識ゼロから学ぶとなると、結構大変です。

しかし、「試験」としては、かなり簡単な部類です。

答えは「〇」「×」の二択。または三択。6割正解すれば大丈夫です。

なので、ほとんどの人が合格します。

ある程度勉強すれば、誰でも取れる資格です。「資格としての価値」は高くありません。

 

単品で「転職」「仕事」の役に立つことはない…

医師や弁護士と違って、「その資格があるからこそ何かがやれる」というものではありません。

「現状に知識をプラスするためのもの」という印象です。(「3級」の場合)

 

メリット

人生の役に立つ!

資格というより、知識として貴重です。

日本って、お金の話を嫌がる傾向があるじゃないですか。「儲ける」「資産運用」とか口にする人って、敬遠されるじゃないですか。

でも、お金って大切ですよね。

義務教育できちんと教えるべきです。

ちなみに、私が受験した会場では、若い人が多かったです。日本も変わってきているのかもしれません。

私も、もっと昔から勉強しときたかったです。そしたら今頃は億万長者…【関連記事】40代独身、お金のことが不安です~メンタルブロック~

「FP3級」と「介護職員初任者研修」は、国民全員が学んでおくべきだと、個人的には思います。

【関連記事】40代、資格取るなら『介護職員初任者研修』がおすすめ!

 

簡単なのに「国家資格」!

先述の通り、試験は簡単です。

なのに「国家資格」です。

やっぱりいいですよね、「国家資格」という響き。( ゚∀ ゚)



「FP3級」資格の概要

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは?

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。(『日本FP』協会より)

つまり、「暮らし(人生)におけるマネー(お金)の専門家」ということです。

 

勉強内容

ライフプランニングと資金計画 公的年金、社会保険、住宅ローン、教育資金、人生のマネープランなど
リスクマネジメント 生命保険、損害保険、その他保険など
金融資産運用 株式、債券、投資信託、その他金融商品など
タックスプランニング 税金の種類、控除、計算方法など
不動産 土地価格決定方法、不動産取引、不動産関連の法令、不動産価値計算法など
相続・事業承継 相続税、贈与税、相続関連の法令など

 

試験

  • 年に3回。(1月、5月、9月)
  • 主催団体は、「きんざい(金融財政事情研究会)」「日本FP協会」の2つ。
  • 午前に「学科試験」(120分)、午後に「実技試験」(60分)。
  • 「学科試験」は両団体共通。「実技試験」は別々の問題が出題される。
  • 「実技試験」といっても、受験者が動いたり計画表を作るわけではない。「ヒロシさんがマンションを買い換えようか迷っています」などの架空の設定で、設問に、選択式で答えます。

 

費用

  • 「学科」のみ受験3000円(すでに「実技」を合格している場合)
  • 「実技」のみ受験3000円(すでに「学科」を合格している場合)
  • 両方受験6000円

 

受験の流れ

日程表

(2019年5月受験の場合/『日本FP協会』公式ページより)

 

  1. 申し込み
  2. 受験票到着(会場判明)
  3. 試験
  4. 結果発表

 

です。

試験当日についてはこちらの記事を参考に。【関連記事】40代『FP(ファイナンシャル・プランナー)3級』受験してきた

合格証書

合格発表後、「技能検定合格証書」が郵送で届きます。(「日本FP協会」の場合)

うれしい~

 

難易度

くり返しますが、簡単です。

合格率は「きんざい」50~70%、「日本FP協会」70~80%。

「きんざい」の方が低いのは、金融機関や会社の団体受験で、勉強しないまま受験する人が多いためとのこと。

知識ゼロの状態から勉強すると、最初は難しいです。

しかし、正解率6割で合格できます。

「学科」(〇×問題、三択)は60問中36問で合格、「実技」(三択)は20問中12問で合格。つまり、60問中24問、20問中8問も間違っていいのです。

相当気がラクです(笑)

失敗しても、年に3回試験があるから、やり直しもすぐできます。

 

「きんざい」「日本FP協会」どちらを選ぶべきか?

個人受験なら断然「日本FP協会」です。

「実技試験」が「資産設計提案業務」の1種類だけでわかりやすいからです。

「きんざい」の場合、「実技試験(3級)」は2種類あります。「個人資産相談業務」「保険顧客資産相談業務」です。金融業界の方の受験が多いので、内容も複雑です。

どちらも「国家資格」であり、資格の価値は同じです。



「FP3級」勉強方法

勉強方法は3種類。

それぞれメリット、デメリットがあります。

【スクール】

  • メリット:わかりやすい。勉強する環境が整う。先生が応援してくれる。
  • デメリット:お金がかかる。

【通信講座】

  • メリット:わかりやすい。
  • デメリット:お金がかかる。学習時間は自分で捻出。孤独。

【独学】

  • メリット:お金がかからない。
  • デメリット:学習時間を自分で捻出。孤独。

 

「FP3級」ならば、「独学」一択です!

参考書を買って、2か月きちんと勉強すれば大丈夫です。

受験現場で人気があった参考書はこちら。

 

 

制度や税関係は変化が激しいので、参考書は「最新版」を購入することが大切です。

独学がどうしても不安という方。

スクールや通信講座は、3級と2級がセットになっている場合がほとんどです。

費用は、スクールや通信講座の会社ごとに違います。

3万円台~15万円台まで様々です。

 

しあわせちゃん
「独学」で一度チャレンジしてみましょう!お金もったいないから(笑)



「FP3級」取得後

上位資格として、

  • 「FP2級」(国家資格)
  • 「AFP」(「日本FP協会」の民間資格/FP2級相当)
  • 「CFP」(「日本FP協会」の民間資格/FP1級相当)
  • 「FP1級」(FP最上位の国家資格)

 

があります。

資格を生かして、

  • 相談業務(社内、社外顧客、独立)
  • 学校講師(資格学校、大学、高校、専門学校)
  • 執筆
  • メディア出演

など、活躍できます。



今回のまとめ

【FP3級資格のデメリット】

  • 簡単すぎる…
  • 単品で「転職」「仕事」の役に立つことはない…

【FP3級資格のメリット】

  • 人生の役に立つ!
  • 簡単なのに「国家資格」!

勉強は、「独学」がオススメ。

 

わたくし事ですが、いま5月の「FP2級」試験に向けて勉強中です。

並行して、生命保険に入ったり、外貨預金をしたり、株の勉強もしています。

人生100年時代。お金はホントに大切です。【関連記事】40代独身、老後のためにいまやっておくべきこと

40代でもまだ間に合う!

一緒に勉強しませんか?(仲間欲しい。笑)

 

しあわせちゃん
やりたいと、思ったときが、適齢期。(一句)
タコ師匠
みんな、幸せになるんやで~
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA