【I-LAND第8話】BTSテスト脱落者!ネタバレ内容&感想

アイキャッチ

こんにちは。毒女(@idolotaku_pro)です。アイドルオタクです。

I-LAND(アイランド)第8話が放送されました。内容をまとめます。※ネタバレあります

パート2の第1回グローバル投票も実施中です

2pick制です。1日1回、2人に投票可能です。期間は8月15日(土)0時~8月29日(土)23時59分です。【投票ページ】https://iland.weverse.io/

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです。I-LAND(アイランド)共に楽しみましょう~(※アイキャッチ&写真:「I-LAND」公式ページより)



グローバル投票中間発表(I-LAND第8話)

パート2第1回グローバル投票の中間発表がありました。

173カ国のうち、投票率が高い国トップ6。

  • 1位:インドネシア
  • 2位:日本
  • 3位:フィリピン
  • 4位:韓国
  • 5位:ベトナム
  • 6位:アメリカ

(※個人順位は最後に発表されましたが、先に結果を記しておきます)

  • 1位:ソヌ
  • 2位:ヒスン
  • 3位:ソンフン
  • 4位:タキ
  • 5位:ジェイク
  • 6位:ジョンウォン
  • 7位:ダニエル
  • 8位:ハンビン
  • 9位:ケイ
  • 10位:ニキ
  • 11位:ジェイ



BTSテスト練習風景(I-LAND第8話)

メンバー&課題曲

ユニットメンバーと課題曲です。

ジョンウォンチーム

  • 課題曲「I NEED U」
  • メンバー:ジョンウォン、ゴヌ、ジェイク、ダニエル

ケイチーム

  • 課題曲「DNA」
  • メンバー:ケイ、ハンビン、ニキ、ジェイ

タキチーム

  • 課題曲「FAKE LOVE」
  • メンバー:タキ、ソンフン、ヒスン、ソヌ

ケイチーム「DNA」練習の様子

パート分け

まずはパート決めです。

ケイくんがメンバーの得意分野を考慮しながらパートを提案します。

  • ライブが得意なハンビンくんは3番パート
  • ラップができるジェイくんは4番パート
  • ダンスブレイクがあるニキくんは2番パート

が、ニキくんが2番パートの高音が出せません。

結果、ニキくんは安全な4番パートを選択します。

  • 2番パート:ジェイクンパート
  • 3番パート:ハンビンくん
  • 4番パート:ニキくん
  • 1番パート:ケイくん

となります。

ケイくんが個別インタビューでニキくんの選択について「一度でもミスすれば一巻の終わりだと思ったからリスクの低い選択をしたんでしょう」と語ります。

ニキくんは個別インタビューで「12位になったら脱落してしまうので、目立つパートを歌いたかったです。脱落の可能性もあるので不安ですね」と語りました。

ケイとニキ衝突

ニキくんが振付に勝手にアドリブを入れています。実力をアピールしたいという焦りからです。

ケイくんが日本語で「そういうのやるときにさ俺に言わないと。そういう元々持ってるものをオマエが考えるな、そういうのやるなよ、オマエ何だよ、ソロアーティストかオマエ、自分のことしか考えない、できないよそんなの」とキレます。

練習室に重い空気が流れます。

ニキくんは無言でケイくんから離れ、タブレットでBTSの動画を確認し始めます。

ケイくんはさらにキレ、ニキくんを個室に呼び出します。「座れよ。マジで、何でそういう考え方なの?自分だけよければいいのか?ずーっと自分のことばっか、自分の感情のままやってんの、オマエの感情がチームを超えてるの、それじゃ上がりようがないじゃん」

個室の外で、ジェイくんとハンビンくんが不安そうに待つ様子が放送されました。

タキチーム「FAKE LOVE」練習の様子

パート分け

まずはパート分けです。

タキくんがリーダーですが、リーダー経験がないためうまく進行できません。

ヒスンくんがタキくんをサポートする様子が放送されました。

練習

メンバーのみでの練習です。

ヒスンくんのリードで練習が進みます。

タキくんが1人だけ明らかにダンスや動線がずれています。声変わりのせいで高音も出ません。

タキくんの不安な様子が放送されました。

ソヌの愛嬌

ソヌくんは愛嬌たっぷりです。

ヒスンくんとソンフンくんが「やってて恥ずかしくない?」とソヌくんに訊ねる様子が放送されました。

ソヌくんの返答は「どこが恥ずかしいの?」でした。

ジョンウォンチーム「FAKE LOVE」練習の様子

期待されてない

メンバーたちがどのチームが強いかを話します。

ケイチーム、タキチームの名前が出ます。ジョンウォンチームのことは誰も口にしません。

ジョンウォンくんが個別インタビューで「僕らのユニットには誰も期待してないようです」と語りました。

ゴヌ

ゴヌくんはパート1にて、PD評価でグラウンドに脱落しました。

ゴヌくんが「プロデューサーには、成長した、変わったところをアピールしたいと思います」と話し、練習に励む様子が放送されました。

ダニエル

ダニエルくんがダンスの振りが速いことを指摘されます。

ダニエルくんが遅くまで一人で練習する様子が放送されます。

ダニエルくんは個別インタビューで「実力不足なのは分かってます。だから、全員に認められたい。仲間にとって必要不可欠な存在になりたいです」と語りました。

中間チェック

ソンドゥク先生、トゥブ先生による中間チェックです。

ソンドゥク先生が「今回からは降格ではなく脱落となるから、それだけ中間チェックもトレーニングも厳しく進める」と話します。

ケイチーム「DNA」

ケイチームが「DNA」パフォーマンスを披露します。

ソンドゥク先生の評価は「正直今ひとつだった。ライバルとして1位に選ばれてたが警戒する必要はない。ライバル視されるほどの実力じゃないと思う」とのこと。

タキチーム「FAKE LOVE」

タキチームには、7位までのバッジを付けたメンバーが3人もいます。

「FAKE LOVE」のパフォーマンスを披露します。

オープニングのソロダンスはソンフンくんです。

見終わったソンドゥク先生は深いため息を吐きます。「本当に深刻だね。本当によくない。準備してないのが見え見えだよ。それは表情からもわかる。表情が浮いてる。何を見てというの?何を伝えたいの?何も感じられない。集中できない。それからタキ、一番下手だよ。あなたはここでバッジもないよね。1人で。リーダーだし。とにかく自信がない。テンションにもついていってない。テンポにもついていってない。動きも違う。タキはそのままだとバッジはつけられないよ」と酷評です。

先生たちがいなくなると、タキくんは泣き出します。

ヒスンくんがタキくんを部屋の外に連れ出し、話を聞きます。

ヒスン「なんで泣いてるの?タキ?どうした?」

タキ「チームメンバーに申し訳ないです」

ヒスン「何が悪いの?何が申し訳ないの?初めてでしょ。大丈夫だよ。うまくできるよ。座って」

ヒスンくんがタキくんを椅子に座らせます。

ヒスン「なんで泣いたの?辛かった?」

タキ「僕にもよくわかりません」

ヒスン「わかるでしょ?考えてることがあるでしょ?」

タキ「正直リーダーは本当に怖いです」

ヒスン「自分でできないと思うから、もっと負担を感じて、怖くなるんだと思うよ。大丈夫だよ。誰も何も言わないよ。あなたがリーダーなんだから。タキのそばには僕がいるじゃない」

ヒスンくんがタキくんを支える様子が放送されました。

(※ジョンウォンチーム「I NEED U」の中間チェックは放送されませんでした)

練習生になった経緯

中間チェック後、チームごとに部屋で談笑する様子も放送されました。

話題は、練習生になった経緯です。

ソヌ

ソヌくんがチームメイトの前&個別インタビューで話します。

ソヌ「僕は1年くらい前までは平凡な学生でした。だから今でも考えるんだ。もし1年前、僕が何もしていなかったら、今頃、何をしていたかなって。子どもの時からいつもテレビを見ながら、ああテレビに出たいなって考えてたんだ。それでオーディションのことを調べたり、書類を出したり、合格したっていう知らせを聞いて学校ですごい飛びあがって喜んだり」「学校で合唱団とかで賞をたくさんもらったり、公演とかをよくしてて、ダンスをしたり歌をするとすごく気分がよくて、心臓が高鳴るのを感じたんです」

ジェイク

ジェイクくんがチームメイトに話します。

ジェイク「正直、オーストラリアに住んでたらアイドルなんて考えてなかったんじゃないかな。僕は市民権がなくて、市民権をとってオーストラリアに住むつもりだったんだけど、ある日「DNA」を聴いたんだ、ちょうどBTS先輩のビルボードの授賞式にBTSがアメリカに初めて行ったよね。あれを見て本当にすごいと思ったんだ。やってみたらどうだろうっていうふうに思って、でも、よくわからないと、1人でいろいろ考えてそれで思い切って韓国に来てしまった。歌もダンスも楽しいから続けてこられた。あとで一緒にデビューしてみんなで楽しくステージに立ちたい」



BTSテスト本番(I-LAND第8話)

ルール説明

ステージにはパンPD、ソンドゥク先生、ワンダーキッド先生、トゥブ先生がいます。

メンバーたちは卵型ゲートの前で待機しています。

第1回順位で1~7位だったメンバーがバッジを返納します。

今回のプロデューサー評価で新たな順位が決まります。

最下位の1人は脱落。

合計点が最も高いユニットは脱落免除です。

「最初のユニットはDNAユニットです」と突然呼ばれます。

パフォーマンスの順番は勝手に決めらているようです。

呼ばれたチームはステージに移動します。

他チームはモニターで見守ります。

1組目:ケイチーム「DNA」

ケイチームの4人がステージに登場します。(ケイ、ニキ、ジェイ、ハンビン)

全員「こんにちはDNAユニットです」

ソンドゥク「今回のテストを準備している中で、何が一番大変でしたか?」

ケイ「基本的に僕たちは実力のある子たちだったので、ダンスに対する意見を一致させるのが大変な時もありました。でも、お互い話し合って、学びながら進めたと思います」

練習風景が放送されます。

ニキくんがケイくんに怒られた後も振付にアドリブを入れている様子です。

ニキくんはソンドゥク先生から、「イントロの時に1人でやるのはアドリブだよね。やめたほうがいいと思うよ」と言われます。

  • 脱落したくない焦りで個人プレイに走るニキくん
  • 勝手なことをするニキくんに苛立つケイくん
  • 間に入るジェイくんとハンビンくん
  • 最後はいい感じにまとまる様子

の様子が放送されました。

再びステージです。

パンPDが「一番警戒される手ごわい相手だと思われていると聞きました。期待していますね」と声をかけます。

パフォーマンス披露です。

(動画:「Mnet K-POP I-LAND」公式YouTubeより)

PDたちの評価です。

パンPD「やはり、ダンスがうまいメンバーがそろっているせいか、見ていてとても爽快な感じがしました。表情の練習も頑張ってましたね。とても楽しめました」

ソンドゥク先生「皆さんはダンスの実力があるメンバーたちなので、ここまで伝わってくるエネルギーがすごく感じられました」

パンPD「とても改善された姿がうれしかったです。そんなステージでした。努力したというのはよく見えました。彼らはこんな風に研究して、こだわってやってたんだっていうのは見えたんですけど、口元がけいれんして震えているのが見えたんです。ぎこちなさを隠すように。もっとナチュラルな表情が出たほうがいいと思います」

ユニット合計点は「287点」でした。

終わったチームはステージの観客席に移動します。

2組目:ジョンウォンチーム「I NEED U」

ジョンウォンチームの4人がステージに登場します。(ジョンウォン、ジェイク、ダニエル、ゴヌ)

パンPDが「“I NEED U”という曲はBTSにとっては非常に重要なきっかけになった曲です。ソンドゥクさんもその作業をしたときは泣いていました。本当に大変だった曲です。皆さんにとってもいいきっかけになればいいなと思います。BTSにとってもそうでした」と声をかけます。

練習風景が放送されます。

本番前のリハーサルです。ソンドゥク先生とトゥブ先生が見守っています。

ソンドゥク先生が「今、100%を出し切った?一番大きな問題は切なくて悲しい気持ちを出さなきゃいけないんだけど、かっこよく見せようとしてる。どんな表情の練習をしたか分からないけど、歌の感情に合う表情を作らないといけないんだよね。ゴヌ、最後のサビで出る表情が爆発させないといけないと思う。最初と最後の感情の出し方が同じだと思う。なんか合わないんだよね」と口にします。

本番ギリギリまで表情の練習をするメンバーの様子が映されました。

パフォーマンス披露です。

(動画:「Mnet K-POP I-LAND」公式YouTubeより)

PDたちの評価です。

パンPD「歌とダンスはパート1の時よりも上達していると思います。その部分、努力してくれたことには感謝しています。でも僕の立場から言わせてもらうとすごく残念なステージでした。これは、とても切なくて悲しい感情を表現しなければならないんですけど、なんか、怖かったんですね。パワフルなばかりで。先輩BTSが原曲をどんなふうに解釈していたのかもっと考えて臨めばよかったなと思いました」

トゥブ先生「僕は中間チェックの時に、これがどれくらいうまくよくなっているのかが、よくわからない。そういう意味で少し残念ですし、ゴヌくんは感情の爆発をさせようとはしてるんだけれども、まだ少し不足しているなと感じます」

ユニット合計点は「275点」でした。

3組目:タキチーム「FAKE LOVE」

まずは練習風景が放送されます。

タキくんがソンドゥク先生から「テンポが速い!」「速すぎる!」と何度もダメ出しされます。

タキくんはリーダーの重責と難曲への挑戦で自信を失くしています。

ヒスンくんがタキくんや他のメンバーをサポートする様子が映されました。

本番前のリハーサルではソンドゥク先生から「実はこのユニットのことを一番心配していました。でも、準備はしっかりしていると思います」と高評価です。

最初のソロパートはソンフンくんからヒスンくんに変更になっていました。

(※変更の課程は放送されませんでした)

メンバーがステージ上にスタンバイします。

パフォーマンス披露です。

(動画:「Mnet K-POP I-LAND」公式YouTubeより)

PDたちの評価です。

パンPD「正直アイランドの番組を始めて以来、今日のステージは本当によかったです。本当によくやってくれました。ヒスンくんに一言言わせて下さい。今日は少なくとも僕が本当にうまくできる人だということを見せつけてくれました。本当に立派だなと思います」

ワンダーキッド先生「理性的な評価をしていたんですけど、ある瞬間、自分を忘れて本当にこのステージを楽しめていました。その部分で最高のステージだったと思います」

ソンドゥク先生「僕が一番驚いたのがソヌくんです。ソヌくんがこういう感じもうまく表現できるんだなという前向きな点を発見しました。そして、ソンフンくんももっとゆとりが感じられて成熟した感じがしました。それがとてもよかったです」

パンPD「タキくんはいつもすごくうまかったり、上がったり下がったりがありますね。今回のステージのようにやってはまずいかな。もっとはるかにうまくやる必要があるという風に言いたいです。とっても今回は残念でした」

ユニット合計点は「306点」でした。

3チーム中1位。メンバー全員脱落免除です。



BTSテスト脱落式(I-LAND第8話)

ステージ終了から30分後、BTSテストの脱落式です。

プロデューサー評価の順位が発表されます。

「FAKE LOVE」チームの順位発表

まずは、脱落免除の「FAKE LOVE」チームからです。

ソヌ

ソヌくん、77点、5位。

PDたちの評価です。

トゥブ先生「ソヌくんは実力の面で足りないところがありますが、ステージで爆発的でしたね。初めて男性的な表情を見た気がします」

パンPD「重要なステージで本領を発揮するのが大事だと思います。ソヌくんはかーーーーーなり準備が必要だと思います。もしデビュー組に入る機会があればそうだと思います」

ソヌくんのコメントです。

ソヌ「僕は1位から落ちましたが、7位以内に入って、デビュー組の中に入ったので、それで満足したいと思います。次のテストのときにトップ3の中にランクインできるように頑張りたいと思います」

ソンフン

ソンフンくん、79点、3位。

PDたちの評価です。

ワンダーキッド先生「フィギアスケートをやっているからか、毎日少しずつ確実に成長しています」

ソンフンくんのコメントです。

ソンフン「思った以上に高い点数をもらったので驚きました。足りないところは、もっと改善したいと思います。ありがとうございました」

ヒスン

ヒスンくん、93点、1位。

PDたちの評価です。

発言者不明「本当にうまかったですね。本当にリードをうまくやっていました」「1人で全部やっている感じでしたね。低い点数の子たちも全部リードしていました」「ステージで明確に活躍していました」

ヒスンくんのコメントです。

ヒスン「1位という座に満足することなくもっと努力してもっと素敵な姿もお見せできるようにこれからもっと努力したいと思います。ありがとうございました」

タキ

タキくん、57点、12位(最下位)

PDたちの評価です。

発言者不明「みんなうまいメンバーで完璧なステージを作ることに対する負担が大きかったと思います」「彼のパートの時はステージの質が下がる」

タキくんは降格免除。11位のアイランダーが脱落することになります。

タキくんのコメントです。

タキ「本当に11位のアイランダーにとてもすまない気持ちです。不足している部分ももっと知るべきこともたくさんあると思いますけど改善できるように頑張りたいと思います」

「FAKE LOVE」チームの4人は卵型ゲートの部屋に移動します。

タキくんは「11位の人に本当に悪い」と涙が止まりませんでした。

他チームの順位発表

2位、81点、ジョンウォン

PDたちの評価です。

ソンドゥク先生「彼はずっと成績がよかったですね。このユニットで点数をとれたということは、やはり、ステージをしっかりこなしていたということだと思います」

ワンダーキッド先生「本当に不思議なのはそういうキャラクターではないんですよね。ピュアな雰囲気ですし、あまり欲もない感じがするんですけれども、でも情熱的な子ですよね」

パンPD「野心があるのかな。野心があるキャラクターというのはアーティストにとって重要ですよね」

ジョンウォンくんのコメントです。

ジョンウォン「ステージをよく評価して見てくださってありがとうございます。これから2位の座だけでなく、1位まで上がれるように、残りのテストの間、一生懸命準備したいと思います。ありがとうございました」

4位、78点、ケイ

PDたちの評価です。

パンPD「彼は事務所のオーディションの映像を見たときにすごく期待したんですね。彼は最高だと思いました。アイランドに結局参加することが決まった時に彼は当然上位圏に入ると思っていました。期待する点数が頭の中にあったんですけど、それを超えたのを一度も見たことがありません。今回もすべて中途半端な感じがしました」

ソンドゥク先生「ケイはいつもこの順位の中にとどまってる気がする。なかなか最上位圏に上がれない」

ケイくんのコメントです。

ケイ「他のチームのパフォーマンスを見ながら本当にいろんなことを学びました。まずは早く練習をしたいです。期待以上の姿をお見せできるようにもっと頑張りたいです」

6位、74点、ジェイ

PDたちの評価です。

発言者不明「6位という順位がふさわしいと思います。中間ぐらいですよね。いつもサツマイモを食べたようなもどかしさを感じます」「先ほどのステージで本人が持っている力を見せたので、今後はもっと素晴らしいところを見せる必要があると思います」

ジェイくんのコメントです。

ジェイ「順位が決まっていて、同じで、成長が止まってる気がします。なので、次のテストからはしっかりと練習をして素晴らしいステージをお見せしたいと思います」

7位、70点、ジェイク

PDたちの評価です。

発言者不明「この子こそ本当に野心家だと思います」「経験がないですよね」「この子はステージの上で僕を見て!という感じがします」「未来が楽しみな子ですね」

ジェイクくんはうれし泣きします。

ジェイクくんのコメントです。

ジェイク「まず、今日のステージは残念だったんですけれども、自分がどれだけ力不足なのか感じました。次のテストまでもっと大きく成長した姿をお見せしたいと思います。ありがとうございました」

8位、69点、ニキ

PDたちの評価です。

発言者不明「危ないメンバーの1人ではないかと思います。上手なんだけど、本人の強みに関連してあまり感動しませんでした」「今後が心配です」

ニキくんのコメントです。

ニキ「今日のステージはちょっと心残りなところがありましたが、次のテストでは学んだことを思い出して、ステージでもっと素晴らしい姿を見せたいと思います。ありがとうございました」

9位、66点、ハンビン

PDたちの評価です。

発言者不明「練習過程を見るといつも明るいですね。とても気分がよく見えます。なんか、いつも、鹿のように何かをやろうとして頑張ってる」

ハンビンくんのコメントです。

ハンビン「前回11位で、今回9位になって12位から9位になれたので本当に驚きました。次のテストでもっと一生懸命頑張りたいと思います。ありがとうございます」

ダニエルとゴヌ

残ったのはダニエルくんとゴヌくんの2人です。

順位発表前にパンPDが2人に、「2人は共通点があります。2人はとてもキラキラ輝いて、成長した瞬間があったんですけれども、ある瞬間から突然、成長が止まったという印象を受けました。そして、これはすごくつらい言葉かもしれません。何をしていたか、記憶に残らないんです。歌ができない、ダンスができないというよりも、最も問題なのは自分の役割をしっかりとこなせずステージが印象に残らないということです。どうして自分がステージで見えないというのを聞いたのか、自分の役割を本当に考えて、ステージに上がっているかどうか、きちんとチェックする必要があると思います」と言葉をかけます。

10位が発表されます。

64点、ダニエルくんです。

ゴヌくんの脱落が決定します。

ダニエルくんのコメントです。

ダニエル「僕が今回のステージで少し、迷いが多くて、プロデューサーさんがおっしゃったような僕の成長のスピードでどうしてこんなフィードバックを受けたのかも考えました。考えて、次のステージでもっと成長した姿をお見せしたいと思います。ありがとうございました」

ゴヌくんのコメントです。

ゴヌ「今の道で止まらずに、成長し続けて、いつかはもっと高みに行きたいと思います」

パンPDがゴヌくんに言葉をかけます。

パンPD「これが最後ではありません。音楽への道を諦めなければ必ずチャンスはくると思います。挫折せずに、これを忘れないでください」

ゴヌ退場

ゴヌくんがアイランドから退場します。

ゴヌくんの元に、メンバーたちがやって来ます。

ゴヌくんとメンバーたちの別れの様子が放送されました。

ゴヌくんは個別インタビューで「アイランドで本当に価値のある経験と、学びがあったと思います。最初から最後までいつまでも忘れることはないと思います。ここアイランドでの生活は終わりますが、僕にとっての新しい始まりだと思います。僕を応援して下さった方に必ずいつか恩返ししたいと思います。みんな、かっこいいデビュー組を作ってほしいと思います。ありがたいです。愛しています」と語りました。

BTSテスト順位&点数まとめ

  • 1位:ヒスン(93点)
  • 2位:ジョンウォン(81点)
  • 3位:ソンフン(79点)
  • 4位:ケイ(78点)
  • 5位:ソヌ(77点)
  • 6位:ジェイ(74点)
  • 7位:ジェイク(70点)
  • 8位:ニキ(69点)
  • 9位:ハンビン(66点)
  • 10位:ダニエル(64点)
  • 11位:ゴヌ(60点)※脱落
  • 12位:タキ(57点)

次回予告

第2回テストは「ケミテスト」

内容は不明です。

グローバル投票によって脱落者が決まると紹介されました。

脱落者の人数は不明です。

グローバル投票中間発表

グローバル投票の中間結果も発表されました。

  • 11位:ジェイ
  • 10位:ニキ
  • 9位:ケイ
  • 8位:ハンビン
  • 7位:ダニエル
  • 6位:ジョンウォン
  • 5位:ジェイク
  • 4位:タキ
  • 3位:ソンフン
  • 2位:ヒスン
  • 1位:ソヌ

第8話は以上でした。

【I-LAND供給一覧】

本編だけではわからないメンバーの魅力たっぷりです。ぜひ!



今回の感想

ケイくんとニキくんが日本語でやり合うシーンが興味深かったです。

ケイくん、韓国語のときは考えながらスローペースで話すからか、穏やかな人に見えてました。母国語だと感情のままの言葉だから個性が見えて楽しかったです。

ケイくん、「オマエ」って言葉使うのか!意外とオラオラか!と新たな発見がありました。

ニキくんは14歳のかわいいの極みでした。

子どもって語彙力ないから、大人からわーって言われると言い返せなくて、黙るか拗ねるかしかないですよね。

そんで、後で悔しくて泣くんですよね。

かわいいいいいいいいいいいい

あの一連のやりとりで好感度が上がるかは別ですが、見られてよかったです。

(個人的にはケイくんもニキくんも好感度爆上がりです)

ジェイくんとハンビンくんのオロオロや励ましも、キャラが出てて素敵でした。

では、今回の雑感です。

  • ハンビンかわえええええええ
  • 1位チームに最下位メンバーがいて脱落免除が発生する展開すごかったです。素人目にもタキくんのパフォーマンスよくなかったからたぶん台本(ヤラセ)じゃないと思います。神がかり
  • タキくんメンタル心配。ホームシックもあるし。自信とり戻して~
  • ソヌくんダンスのスキル(経験)不足を表現力でカバーできるのすごすぎ
  • ヒスン・ジョンウォンの安定感えぐい
  • ジョンウォンリーダーまで普通にこなしてて万能っぷりえぐい。でもかわいい
  • 字幕のせいかPDコメントがちょいちょい笑える。「いつもサツマイモを食べたようなもどかしさを感じます」???「鹿のように何かをやろうとして頑張ってる」???
  • 予告のジェイクの涙、うれし泣きでよかった
  • ジェイクはアイドルじゃなくても人として大物になりそう
  • プデュみたいな順位グラフ出してきたけど、グラウンド投票やらPD評価やら基準バラバラだから説得力なくて面白い
  • 歌ラップほとんど聞かせてくれないのは変声期組が多いからでしょうか?デビュー後に変声期が落ち着いてから歌ラップ磨く感じでしょうか?
  • 投票中間発表ケイニキジェイが下位って結構ショック。ここから変動ありますか?
  • ゴヌゴヌゴヌゴヌまたどこかで見たい

以上。来週も待ち切れません!

毒女

「I-LAND」大好き!
「I-LAND」最高!

タコ師匠

  • I-LANDはABEMA(旧AbemaTV)で見られます
  • 第3話までは無料です。第4話からは放送後1週間は無料、以降は有料ABEMAプレミアムで見られます
  • ABEMAプレミアムは月額960円、初めての登録なら1か月無料お試しあります>>すべての作品が見放題【ABEMA】

\関連記事/

アイキャッチ【体験談】ABEMA(アベマ)プレミアム正直な感想・レビュー・評価!



「I-LAND」関連記事

\23人プロフィール/

アイキャッチI-LAND(アイランド)23人メンバー練習生プロフィール!

\テスト結果&順位一覧/

アイキャッチI-LAND(アイランド)順位&テスト結果&点数まとめ一覧!

\ネタバレ内容記事一覧/

アイキャッチI-LAND(アイランド)ネタバレ内容記事一覧!!

\番組概要/

アイキャッチI-LAND(アイランド)投票方法!放送日!いつ?どこ?デビュー人数は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA