『時効警察はじめました』ドラマオタクの感想!(1~2話)

アイキャッチ

こんにちは。ドラマオタクちゃん(@doramaotaku_pro)です。

F2層(35~49才女性)です。元脚本家です。

美人さん

『時効警察はじめました』始まった!!!みんな見てるかな?…どうだったかな?…面白かったかな?…つまらなかったかな?…他の人の感想が知りたい!!!

気になってる方、いますか?

私です。自分が面白いドラマを他の人はどう思っているのか。自分がつまらないドラマを同じくつまらないとブーブー文句垂れてる人はいないか。

共感を求めて、ネットで検索しちゃいます。

脚本家としては四流でしたが、視聴者としては超一流。子どもの頃からドラマオタクの「プロ視聴者」。「F2層」「元脚本家」の視点から、

今回は、「『時効警察はじめました』の感想」を記します。

参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:テレビ朝日『時効警察はじめました』公式ページより)



『時効警察はじめました』感想

第2話

2話

(写真:テレビ朝日『時効警察はじめました』公式ページより)

どうも、吉岡里帆アンチです。

アンチという名のファンです。

このドラマ、吉岡里帆様いらないですよね?

できあがってる世界観に無理やり放りこまれている異物感が伝わってきて、見てて痛々しいです。

「私、いらないよね」って、ご本人も絶対気付いてると思います。

それでも全力投球。作品の世界観を崩さないようがんばってらっしゃると思います。

でも、やっぱり崩れてますよね。

霧山(オダギリジョー)×三日月(麻生久美子)の面白さに集中できない!

ドラマの内容はちんたら見るのにちょうどいいですが(ゲストが豪華すぎるのはちょっと胸ヤケ)、

とにかく吉岡里帆様部分が見ててしんどいです。

いろいろ、大人の事情ってやつでしょうか?

毎回同じ感想になってしまいそうなので、感想表記を離脱します。

視聴はまったり続けます~

ありがとうございました。感謝。

【今週面白かったところ】

  • 向井理の「なくはない!」のトリック知識披露。

【今週サムかったところ】

  • 三日月くんの霧山への心の声。

第1話

1話

(写真:テレビ朝日『時効警察はじめました』公式ページより)

小ネタうぜぇぇぇぇぇぇwwwwwwwwwwwww

もちろん、いい意味です。

手数すごすぎました。視聴者にウケようがウケまいが突っ走る!というエネルギーを感じました。

エネルギーは感じるけど、ちゃんとユルイ。味がある。最高です!

ところで、吉岡里帆ウォッチャーの私です。

昔から、「同性に嫌われる女」が大好物です。

若かりし頃の、長澤まさみ様、石原さとみ様、田中みな実様……

最近では、吉岡里帆様が断トツでした。

が、吉岡里帆様のその「同性に嫌われる女」という特性が、薄れてきているようで寂しい。

吉岡里帆様って、野心えげつないイメージですが、女優としてどのあたりを目指してらっしゃるのでしょう。

「朝ドラヒロイン」「米国アカデミー賞」など、わかりやすい目標があるのでしょうか。

それとも、「お声をかけていただいた作品を、1つずつ丁寧に精一杯やっていく」など、悟りの域に突入しているのか。

以前は前者っぽかったけど、最近は後者のような気がします。

だから、「同性に嫌われる女」度が薄れてきているような気がします。

もはやドラマの感想じゃなくてすみません(笑)

ドラマの中の吉岡里帆様は、いてもいなくてもいいけど、シリーズ物の空気を乱してないのは凄いと思いました。

オシャレな監督や脚本家様がたくさん登板されるとのこと。

来週も楽しみです~



『時効警察はじめました』あらすじ(※公式ページより)

第2話:超人気ミステリー作家の密室殺人(10月18日)

新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)や鑑識課の若きエース・又来康知(磯村勇斗)も夢中になっているミステリー作家・日下部秋斗(向井理)。“ミステリーの貴公子”ともてはやされる彼は、小説を出せばすべてベストセラー、おまけに写真集やCDまで出すなど、アイドル的人気で世を席巻している。そんな彼には、時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が思わず興味を抱く過去があった。実は秋斗の父で、有名ミステリー作家だった日下部光晴(古舘寛治)は25年前、自宅の書斎で発生した密室殺人事件で死亡。やがて庭から凶器のナイフが見つかり、殺人と目されたが、完全密室のトリックも犯人も解き明かすことはできず、事件は時効を迎えていたのだ――。

当然のごとく、霧山はこの事件を調べることに。助手の三日月しずか(麻生久美子)だけでなく、色めき立った彩雲や康知にまで付き添われ、秋斗のもとを訪ねる。すると秋斗は自ら、霧山の捜査に協力すると言い、今も事件発生時のまま保存してある書斎へ案内。事件現場の状況や、父への尊敬の念、そして自分にはすでに密室の謎が解けていることなどを、とうとうと語る。だが、霧山は秋斗が嘘をついていると直感。だが、どの発言が嘘なのかまでは特定できず…!?

そんな中、霧山は秋斗の担当編集者・芝浜保(マギー)から、秋斗と光晴の親子仲が最悪だったという情報を入手。さらなる謎解きの手がかりをつかもうと、再び秋斗を訪ね、即席推理を披露する。ところが、それが“嘘の推理”であることを、秋斗はまんまと見破ってしまい…!

脚本:福田 雄一、田中 眞一
監督:塚本 連平(テレビ朝日『時効警察はじめました』公式ページより)

第1話:総武のウタマロ(10月11日)

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、総武警察署の食堂で働く女性から、冷蔵庫に入れっぱなしになっていた遺留品の箱を預かる。それは箱に書かれた「要玲蔵(かなめたまぞう)」という文字を誰かが「要冷蔵」と読み間違え、時効を迎えてから10年にもわたって冷蔵庫に保管していたものだった――。

要玲蔵(村松利史)とは、乱れた女性関係から「総武のウタマロ」と呼ばれた男。何を隠そう、彼の元愛人で新興宗教「阿修羅の水」の教祖・神沼絹枝(伊勢志摩)が25年前、水産加工会社の冷凍倉庫で凍死しているのが見つかったのだ。監視カメラは絹枝が倉庫に入る姿をとらえていたが、その直後、無人にもかかわらず倉庫が外から施錠されるという奇怪な現象が発生。最重要被疑者であるウタマロも、絹枝とほぼ同時刻に自宅で一酸化炭素中毒死していたため、事件は迷宮入りしてしまっていた。

刑事課の新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)もバリバリに興味を示す本事件を調べることにした霧山は、助手の三日月しずか(麻生久美子)を従えて捜査を開始。絹枝の娘で、ウタマロの妻でもあった「阿修羅の水」の2代目教祖・神沼美沙子(小雪)のもとを訪れる。だが、美沙子はやけに霧山へ関心を寄せるも、事件の話に関しては雲を掴むような反応で…!? やがて霧山は、「阿修羅の水」の信者・花崎新一(六角精児)がずっと好きだった美沙子のために2つの事件の共犯者になった…との仮説を立てる。と同時に遺留品のひとつ、“謎の番号が記された手書きメモ”がどうも引っかかり…。脚本・監督:三木 聡(テレビ朝日『時効警察はじめました』公式ページより)



『時効警察はじめました』視聴率

  • (第1話)7.7%
  • (第2話)6.1%



『時効警察はじめました』基本情報

時効警察

(写真:テレビ朝日『時効警察はじめました』公式ページより)

  • 放送:金曜23時15分~(テレビ朝日)
  • 脚本・監督:三木聡、大九明子
  • 監督:今泉力哉、森ガキ侑大、塚本連平
  • 脚本:福田雄一、田中眞一、小峯裕之
  • プロデューサー:横地郁英、大江達樹、山本喜彦
  • 出演:オダギリジョー、麻生久美子、吉岡里帆、磯村勇斗、豊原功補、ふせえり、江口のりこ、緋田康人、内藤理沙、田中真琴、光石研、岩松了ほか
  • あらすじ:時効警察が12年ぶりに復活!殺人での時効が廃止された今…なぜか霧山が帰ってくる!



今回のまとめ

オタクちゃん

いつも好き勝手に批評して、すみませんえん。
連ドラ、大好き、最高かよ!

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA