【カネ恋】おカネの切れ目が恋のはじまり(第1話)感想&ネタバレあらすじ!!

アイキャッチ

こんにちは。毒女です。

美人さん

「カネ恋」(おカネの切れ目が恋のはじまり)見た!みんなの感想知りたい!ネタバレあらすじも知りたい!

という方いますか?

✔この記事の内容は

  • 「カネ恋」(おカネの切れ目が恋のはじまり)、他人の感想がわかる!
  • 「カネ恋」(おカネの切れ目が恋のはじまり)、ネタバレあらすじがわかる!

です。F2層(35~49歳女性)のドラマオタクの元脚本家が記します。※ネタバレあります!

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:TBS「おカネの切れ目が恋のはじまり」公式ページより)



「カネ恋(おカネの切れ目が恋のはじまり)」第1話感想

面白かったです!

満足です!

勝因とかいちおう分析してみます。

  1. 登場人物が愛すべきキャラクター
  2. ディテールが素晴らしい
  3. ストーリーが面白い
  4. 印象的なセリフやシーンがある

1つずつ記します。

1、登場人物が愛すべきキャラクター

清貧女子の玲子、バカ息子の慶太、板垣くん、同僚、部長、社長、モテモテ経済評論家、玲子母……

どの人物も好感度が高いです。

愛されポイントがしっかり作られているからかと思われます。

バカ息子の慶太は、庶民を見下す道明寺(←「花より男子」)パターンでもよさそうと思いつつ、三浦春馬さんならこのドラマ通りクセないパターンのほうがよいとも思いつつ…

とにかく、どの登場人物も素敵でした。

恋愛ドラマって登場人物が魅力的じゃないと見てられませんよね。

どうでもいい奴の恋愛どうでもいいですもんね。

初回で登場人物を愛せたのでよかったです。満足です。

2、ディテールが素晴らしい

主人公・玲子の清貧を表現するセリフ、小道具、エピソード…

玲子とバカ息子・慶太の価値観の違いを表す一連の流れ…

など、細部が丁寧でとても心地よかったです。

TBSドラマならではだと思いました。

3、ストーリーが面白い

キャラとディテールを楽しむ恋愛ドラマかと思いきや、ミステリー調のストーリーぶっこまれててびっくりしました。

ちゃんとミスリードまで用意されてて楽しかったです。

本筋のテーマと乖離してないのがすごいと思いました。

4、印象的なセリフやシーンがある

「ながら見」しながら、ハッと画面に釘付けになるときが何回かありました。

私が一番心に残ったのは玲子のこのセリフ。「猿渡さん、お金の悩みの一番のせつなさって何だと思いますか?人に相談できないことです。恥ずかしくて、後ろめたくて、頼れなくて、だから一人で抱え込んで、もっと苦しくなる」

印象的なシーンやセリフがあると、得した気持ちになれます。

毒女

では、ネタバレあらすじと共にさらに感想をちょこちょこ記します!



「カネ恋(おカネの切れ目が恋のはじまり)」第1話ネタバレあらすじ

  • ネタバレあります!
  • あくまで「あらすじ(粗筋)」です。素晴らしいディテールの数々はぜひドラマ本体でご確認下さい~

玲子と慶太の紹介

鎌倉です。

主人公の九鬼玲子(松岡茉優)が古民家の質素な部屋で目覚めます。

玲子はお菓子屋に行きます。人々が大量にお菓子を買う中、玲子は130円のクッキーを1枚だけ購入します。

公園で、水筒のほうじ茶を飲みながらクッキーを味わいます。

130円に感謝します。

***

一方、猿渡慶太(三浦春馬)です。服屋にいます。

気に入った服をカードで手あたり次第に購入します。

慶太は買い物の帰り道、恋人のまりあ(星蘭ひとみ)が他の男とウエディングドレスを選んでいる姿も目撃します。

玲子と慶太の出会い

玲子が部屋を掃除しています。1年間買おうか迷っていた豆皿を買って、部屋に運んでくる日だからです。

玲子は豆皿の店に到着します。

と、慶太がやって来ます。バーベキューに使う皿を忘れたという理由で店にある皿を全部買って行ってしまいます。

もちろん玲子が狙っていた豆皿もです。

目の前で豆皿を奪われ、愕然の玲子です。

【感想】

ここまでが「セットアップ」です。

ドラマの設定・ジャンル・雰囲気・世界観、登場人物のキャラクター・関係性・魅力など…

こんな短時間で過不足なく、面白く描かれていてすごいです。

玲子と慶太、再会

玲子はおもちゃ会社「モンキーパス」の経理部で働いています。

と、経理部に社長のバカ息子が配属されてきます。

社長のバカ息子は慶太です。

慶太は先月アメリカ出張の際、家族カードで776万円を使いました。社長(草刈正雄)に激怒され、お金の勉強のため経理部に配属されたのです。

玲子は慶太の教育係を任されます。

玲子は慶太のジャケットの袖口のボタンが取れかかっているのが気になります。が、口出しはしません。

非売品グッズ事件

一方、事件も発生です。

会社の非売品グッズがフリマアプリに出品されています。

営業部の板垣純(北村匠海)がいかにも怪しそうです。

玲子と慶太、価値観の違い

玲子が慶太に、経理の仕事や経理部のことをいろいろ説明します。

慶太は聞いていません。

ランチタイムです。

玲子は一人、食後のデザートの草餅60円を楽しみます。

と、慶太がやって来ます。

慶太は弁当やコーヒーを大量に買っています。総額5,800円です。

玲子は慶太の教育係を辞退したいと上司に申し出ます。ランチに5,800円も使う人間を教育できないという理由です。

が、却下されます。

そこへ、慶太の母親から慶太に差し入れが届きます。モナカです。モナカの下には札束300万円が入っています。慶太へのおこづかいです。

玲子は「うちはうち、よそはよそ、心静かに心静かに…」と唱えて平静を保つのでした。

【感想】

ランチのときの玲子と慶太のやりとりです。

玲子「これは全部食べられるんですか?」

慶太「食べられるわけないじゃん」

玲子「そしてなぜ1人なのにコーヒーが3つ」

慶太「甘いの冷たいの温かいの、全部飲みたいじゃん、トライアングルで飲みたいじゃん」

トライアングルで飲みたいのわかるーーーーーーーー思わず慶太に共感してしまいました。

玲子の方に感情移入しやすくしてあるものの、慶太の価値観もわからなくもないし、自分の中に玲子も慶太もいるよなって視聴者に思わせるところが、深みがあるなあと思います。

玲子と慶太、同居することに

数日後です。

玲子が朝食を食べようとしたところ、食卓に慶太がいます。

慶太が住んでいたマンションは父親のものです。「マンションは売却しました。これからは自分の力で家賃を払って生きていってください。父」と手紙があり、突然追い出されてしまったのです。

行くところがなくなった慶太は、玲子の家が民宿だと知り、頼って来ました。

玲子の母親が無料でロングステイしていいと許可を出します。

慶太は玲子の家の民宿に住むことになります。

【感想】

ベタな設定だけど恋愛ドラマの「同居」っていいですよね。楽しい。

玲子、慶太の教育にやる気出す

民宿に、慶太の大量の荷物が届きます。

慶太が子どもの頃から書き溜めているおもちゃの夢(アイデア)もあります。

まだ1回も実現していない夢です。

おもちゃ会社「モンキーパス」は慶太の母方の祖父が立ち上げた会社で、慶太の父は社員から婿養子になりました。実力主義です。

慶太は、自分は父から信用されてないと気にしています。

玲子は慶太の状況を知り、動きます。「信用されたいならお金の勉強をしましょう」と慶太に「おこづかい帳」を渡します。

玲子と早乙女

玲子は慶太を連れて、早乙女健(三浦翔平)のセミナーに参加します。

早乙女は「お金の専門家」です。イケメンです。テレビのコメンテーターとしても活躍し、女たちからモテモテです。

玲子と早乙女は知り合いです。玲子が昔通っていたテニススクールの先輩です。

玲子は大きなカバンを持ってセミナーに参加しています。

カバンに何が入っているかは謎です。

非売品グッズ事件の続き

また会社の非売品グッズがフリマアプリに出品されています。

板垣が、相変わらずいかにも怪しい動きをしています。

玲子は、板垣が経理部に提出した伝票を見て、何かに気付きます。板垣の過去の伝票を調べ始めます。

一方慶太は、非売品グッズの犯人は板垣だと思い込んでいます。「あの真面目なガッキーがこんなしょーもない小遣い稼ぎするなんてなあ」と口にします。

すると玲子が言います。「猿渡さん、お金の悩みの一番のせつなさって何だと思いますか?人に相談できないことです。恥ずかしくて、後ろめたくて、頼れなくて、だから一人で抱え込んで、もっと苦しくなる」

その後、一人になった玲子は昔のことを思い出します。

玲子の父が逮捕された時のことです。

一体過去に何があったのでしょう?…

【感想】

心に残ったセリフです。

制作者の価値観や生き様が感じられるセリフって沁みるなあと思います。

非売品グッズ事件の真相(クライマックス)

玲子は事件の真相を突き止めます。

玲子は「横領犯を捕まえにいきますよ」と慶太を誘います。

玲子と慶太が向かったのは、高速バス乗り場です。

高速バスから板垣が降りてきます。京都出張からの帰りです。

玲子は板垣に推理を話します。

板垣は以前出張のときは東京駅限定の「銘菓ひよこショコラ」を買っていた、が、半年前からただの「銘菓ひよこ」になった、なぜなら東京駅を使わなくなったから…

という内容です。

玲子の推理で、板垣は罪を認めます。

板垣がやっていたのは非売品グッズの転売ではなく、交通費横領でした。

新幹線の切符を金券ショップに売り、深夜バスで移動して、差額を手にしていたのです。

さらに、会社から支給される定期券代も定期券を買わず、平日は会社やネットカフェや知人宅に泊まって交通費を浮かせていました。

玲子が「何かご事情がおありなんですよね。でも、お金のために板垣さんご自身がボロボロになってしまっては本末転倒ではないでしょうか」と訊ねます。

板垣が「ご事情って別にそんな大した話じゃないですよ。普通に親の商売がうまくいってなくて、普通に奨学金の返済が200万円近くあって、普通に弟や妹がまだ小さいだけで、それだけで毎日胃が痛いくらいお金のことばっかり考えて」と答えます。

玲子は板垣を朝ごはんに誘います。

180円のかけそばです。

板垣は美味しいとかみしめます。

玲子は板垣に「お金を嫌いにならないで下さい」と伝えます。

隣で聞いていた慶太の胸にも何やら響いたようです。

慶太はおこづかい帳の「つかったお金欄」に「かけそば180円」と書くのでした。

【感想】

板垣の「ご事情って別にそんな大した話じゃないですよ。普通に親の商売がうまくいってなくて、普通に奨学金の返済が200万円近くあって、普通に弟や妹がまだ小さいだけで、それだけで毎日胃が痛いくらいお金のことばっかり考えて」というセリフや状況がサラリと社会風刺でしびれます。

でも、玲子の「お金を嫌いに~」の下りはちょっと違和感でした。玲子、何目線?何様のつもりで言ってんの?と思いました。

私が説教ドラマが苦手なだけですね。すみません。

玲子と慶太の結末

ちなみに、非売品グッズ転売の犯人は板垣の上司の娘でした。フリマアプリの転売アカウントも消されて一件落着です。

板垣は厳重注意処分で済みそうです。

一段落したところで、玲子は、以前慶太が買っていった豆皿について慶太に訊ねます。

慶太が、バーベキューのあと公園のゴミ箱に捨てたと答えます。

玲子は公園に走ります。

が、ゴミは回収されたあとでした。

玲子は慶太に「ほころびだらけなんですよ!」とキレます。

玲子は慶太に「私が繕ってみせます」と宣言すると、慶太のジャケット脱がせて袖口のボタンつけるのでした。

【感想】

慶太が引っ越してきたあたりで玲子が「物って繕うほどに愛着が湧くものだと思うから」と語るシーンがあります。

そのときの「繕うと愛着が湧く」とこの「私が繕ってみせます」がセットなんですね。うまい!

次回への引っ張り

玲子と慶太が、早乙女のセミナーに参加しています。

玲子は今日も大きなカバンを持っています。

玲子はセミナーが終わると早乙女の元へ行きます。カバンから、チョコレート、ワイン、二日酔い防止グッズ、服、帽子を取り出して早乙女にプレゼントします。

貢いでいます。

玲子曰く、早乙女の笑顔はプライスレスとのこと。

見ていた慶太が「ほころびまくってるのはそっちでしょ」と呟いて――(つづく)

【感想】

清貧なのに好きな男に貢いじゃう玲子の歪み、好き!

次回も楽しみです~



「カネ恋(おカネの切れ目が恋のはじまり)」第1話概要

視聴率

  • 第1話:(世帯視聴率)11.6%(個人視聴率)6.2%

公式あらすじ

第1話

中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九⻤玲子(松岡茉優)は、モノも恋にも一途な“清貧せいひん女子”。
そんな玲子に訪れた「お迎えの日」。1年越しの片思いの相手「1680円の豆皿」をようやく買いに行くことにしたのだ。手作りした豆皿専用のコースターを部屋に配置して、愛しの豆皿と結ばれようとした瞬間、目の前で女性連れの派手な装いの男が、購入してしまい…。

その男は、なんと玲子が勤める会社の御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)だった。
そんな折、慶太の度を越した浪費ぶりに社長である父・猿渡富彦(草刈正雄)が激怒し、お金の勉強のために異動させ、慶太は経理部にやってきた。

最悪な再会の中、玲子は慶太の指導係に任命されてしまう。
悪びれもなく浪費する慶太は、玲子とは、まさに正反対のタイプの人間。慶太の浪費っぷりに目を見張る玲子。
穏やかだった玲子の日常が一変する。
さらに、あることがきっかけで慶太は玲子の家に住み込むことになり、玲子は慶太の意外な一面を知ることになる。
“根は悪い人じゃないかもしれない”
玲子は、経理部でも、プライベートでも正しいおカネの使い方を教えることになる。
まず、玲子が渡したのは、お小遣い帳。
次に、玲子が慶太を連れて行ったのは、公認会計士の早乙女健(三浦翔平)のお金に関する公開講座。そこで慶太は、早乙女を一心に見つめる玲子を目の当たりにする。

そんなある日、会社のグッズを不正にフリマアプリに出品しているユーザーを見つける。
同じころ、玲子は、営業部の後輩・板垣純(北村匠海)のある“ほころび”を見つけて、気になり、調べ始める。そして、慶太も手伝っていくうちに、衝撃的な事実が判明する…。(※アイキャッチ:TBS「おカネの切れ目が恋のはじまり」公式ページより)

番組概要

  • 放送:TBS火曜22時~(9月15日スタート/全4話)
  • 脚本:大島里美
  • 演出:平野俊一、木村ひさし、土井裕泰
  • プロデュース:東仲恵吾
  • 主題歌:Mr.Childen「turn over?」
  • 出演:松岡茉優、三浦春馬、三浦翔平、北村匠海ほか
  • あらすじ:おカネを正しく使うことにこだわりモノにも恋にも一途な”清貧女子”。おカネにルーズな”浪費男子”。正反対の価値観を持つ2人の”じれキュン”ラブコメディ。

配信情報

最新話(無料)※第1話は9月22日(火)まで

全話(有料)



今回のまとめ

毒女

好き勝手に批評してすみませんえん!
テレビドラマ最高!

タコ師匠

\関連記事/

アイキャッチ「三浦春馬」出演ドラマ一覧!!&おすすめベスト10(配信情報も)アイキャッチ【カネ恋】三浦春馬のロボットはLOVOT(らぼっと)!!【値段.購入方法など】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA