傑作!『モザイクジャパン』(坂元裕二脚本)ドラマオタクの感想

アイキャッチ

こんにちは。ドラマオタクちゃん(@doramaotaku_pro)です。

F2層(35~49才女性)です。元脚本家です。

 

美人さん

『モザイクジャパン』を見た!面白かった!最高だった!誰かと感想をわかち合いたい!!

 

興奮してる方、いますか?

私です。『Netflix』でたまたま見ました。さすが坂元裕二脚本作品です。めちゃめちゃ面白かったです!

今回は、「『モザイクジャパン』の感想」を記します。

ドラマオタクのみな様、わかち合いましょう!

参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:WOWOW『モザイクジャパン』公式ページより)

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 『モザイクジャパン』を見て、感想をわかち合いたい人!
  • 『モザイクジャパン』を見ようか迷ってる人!



『モザイクジャパン』見られるところ(※2019年8月現在)

※「R15+指定相当」です。

(※動画:『モザイクジャパン』YouTube公式ページより)

【ネット配信】

Netflix(ネットフリックス) 【外部リンク】https://www.netflix.com/jp/
Hulu(フールー) 【外部リンク】https://www.happyon.jp/mosaic-japan

【DVD】

オタクちゃん

それでは、感想いきます~



『モザイクジャパン』感想

興奮のまま、アトランダム(順不同)に語ります!

高橋一生がイッちゃってる!

モザイクジャパン

(※写真:WOWOW『モザイクジャパン』公式ページより)

高橋一生様、AV会社の社長役です。

ぶっ飛びまくってます。

最近の地上波ドラマやCMでは「イケメン」「萌え」ばかり見せられてました。全然違います。マジで狂ってます(笑)

ただの頭おかしい人ではないです。

信念と覚悟がある大人の男です。

怖い、かっこいい、面白い、かわいい…いろいろ詰まってます。超魅力的です!

AVシーンがリアルすぎる!

映像も音声も「モロAV」です。

私はいま実家に住んでますが、「ドラマを見てるだけなのに、親にAV見てると思われたらどうしよう」と、ビクビクしました(笑)

環境や音量、AVを見るときレベルで注意が必要です(笑)

地上波では絶対にやれないドラマ!

地上波のリアリティのない大人のセックスシーンが、アホらしくなります!

セリフや価値観が深い!

エロ的な意味ではなく、ドキッとするシーンやセリフが随所にあります。

私が一番印象的だったのは第1話。

高橋一生社長が、主人公の永山絢斗を面接するシーン。

 

ハンバーガーを窓に投げつけるよう、高橋一生が永山絢斗に命じます。

食べ物なので投げられないと、永山絢斗は断ります。

すると、こんな会話がくり広げられます。

 

高橋「オマエ、ネジまわしたいときにドライバーなかったらどうするの?」

永山「ドライバーの代わりになるものを探します。ハサミの先端とか。大きいミゾのものだったら10円玉とか…」

高橋「10円玉はネジをまわすために作られたものか?」

永山「いえ…」

高橋「眠くなって読んでた本を枕代わりに使うことないか?子どもの頃に紙コップで糸電話作ったことは?」

永山「はい…あります」

高橋「使い方は、自分で自由に決めるんだ。食べ物は、食べるためだけにあるとしか考えられない人間はうちの会社には必要ありません」

 

そして、高橋一生はハンバーガーを窓に投げつけます。

その一連の演技が秀逸。高橋一生ーーーーーーーーーーーーって感じです。

伝えきれないからドラマ見て欲しい(笑)

他にも印象に残ってるところ…

  • 「AVで町おこし」のリアリティ!
  • AVやAV嬢を何かと見下している永山絢斗が、ぎゃふんとやられる多数のシーン!
  • AV嬢が永山絢斗に言う、「頭のいい人が頭の悪い人をバカにしてる時、頭の悪い人も頭のいい人をバカにしてるんですよ」というセリフ。(ウロ覚え)

やっぱり、伝えきれないからドラマ見て欲しい(笑)

ドラマとして純粋に面白い!

超売れっ子、人気、唯一無二の脚本家・坂元裕二作品ですから。

単純に、ドラマとして最高です!

題材もストーリーもキャラクターもシーンもセリフも、丸ごと、面白い!!



『モザイクジャパン』あらすじ

モザイクジャパン

(※写真:WOWOW『モザイクジャパン』公式ページより)

『公式ページ』より

東京の証券会社をリストラされた常末理市(永山絢斗)が帰郷すると、何故か、明らかに町全体が色めき立っていた。
両親の勧めで、理市は田舎町には不釣合いなモダンな自社ビルを持つ(株)GALAXYZへの再就職を果たす。若き社長・九井良明(高橋一生)が率いるGALAXYZグループは、何と、アダルトビデオを中心にさまざまな事業を手掛ける新鋭企業だった。
職場には短すぎるスカートの制服を着た美女が多い。理市はその中でひときわ純粋さやかわいさを放っている木内桃子(ハマカワフミエ)が気になり出す。だが、彼女たちは実はAV女優で、就業中もオフィス内やトイレなどいたるところで絡みの撮影が行なわれる始末。理市はこのセックス産業で潤う田舎町に巻き込まれ、破滅、成功、絶望、快楽のすべてを経験していくことに―。(※WOWOW『モザイクジャパン』公式ページより)

『Wikipedia』より

東京の証券会社をリストラされた常末理市が、生まれ育った田舎町に帰郷すると、故郷はアダルト産業に飲み込まれた町と化していた。
常末理市は両親の薦めで、田舎町には不釣合いな自社ビルを持つ企業GALAXYZに就職。しかし、その職場の女性たちはAV女優であり、就業中もオフィス内やトイレなどいたるところで、絡みの撮影が行なわれていた。一目ぼれした木内桃子もそのひとり。
父母や祖父は、さして利益にならない農業よりもモザイク消しの仕事に熱を入れ、中学時代の恩師や同級生たちもがAV男優や女優へ転職し、田舎町全体がAV産業なしでは成り立たない有様。生真面目な証券マンであった常末理市は葛藤しながらも、AV業界に飲み込まれていく。『Wikipedia』より)



『モザイクジャパン』基本情報

モザイクジャパン

(写真:WOWOW『モザイクジャパン』公式ページより)

  • 本放送:2014年5月18日~6月15日(毎週日曜日23:00~23:30/全5回/WOWOW)
  • 脚本:坂元裕二
  • 演出:水田伸生
  • プロデューサー:岡野真紀子、千葉行利、有賀聡
  • 出演者:永山絢斗、ハマカワフミエ、高橋一生、宮地真緒、阿南健治、崎本大海、土屋裕一、木村智早、愛奏、黒木桃子、神崎沙織、立石純子、秋山タアナ、木下ほうか、根岸李衣、木場勝己ほか



今回のまとめ

  • ドラマ好き
  • AV好き
  • 坂元裕二脚本好き
  • 高橋一生好き
  • 永山絢斗好き
  • その他出演者好き

ならば、見て損はないドラマ!

地上波では絶対にやれない超問題作!最高でした。

 

オタクちゃん

好き勝手に批評して、すみませんえん。
『モザイクジャパン』、マジで最高かよ!

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA