面白い!「岡田惠和」脚本ドラマランキング11

アイキャッチ

こんにちは。ドラマオタクちゃん(@doramaotaku_proです。

F2層(35~49才女性)です。元四流脚本家です。テレビドラマが大好きです。

 

美人さん

好きなドラマの脚本家を調べたら岡田惠和ばかり!岡田惠和脚本のドラマが好き!岡田惠和ドラマについて語りたい!岡田惠和ドラマについてもっと知りたい!

 

岡田惠和脚本ドラマが大好きな方、いますか?

私です。昔から岡田惠和(おかだよしかず)様脚本のドラマが好きでした。今期の『セミオトコ』は特にハマっています。【関連記事】『セミオトコ』ドラマオタクの感想!(毎話追加)

今回は、「岡田惠和脚本ドラマ面白かったランキング11(独断)」を発表します!

参考になれば幸いです~

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 『セミオトコ』にハマって、他の岡田惠和脚本ドラマについても知りたい人!
  • 岡田惠和脚本ドラママニアで、他のマニアの好みも知りたい人!
  • 岡田惠和脚本ドラマアンチで、岡田惠和脚本ドラマが気になってしょうがない人!



岡田惠和脚本ドラマランキング11!

1位『最後から二番目の恋』

  • 放送:2012年フジテレビ木曜22時~(全11回)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:宮本理江子、谷村政樹、並木道子
  • プロデューサー:若松央樹、浅野澄美
  • 主題歌:浜崎あゆみ『how beautiful you are』
  • 出演者:小泉今日子、中井貴一、坂口憲二、内田有紀、飯島直子ほか
  • あらすじ:古都・鎌倉を舞台とした、45才独身女性と50才独身男性が繰り広げる恋愛青春コメディ!

ありそうでなかった、大人の恋愛物語。

  • 登場人物がみな愛おしい。
  • 登場人物の気持ちがリアル。
  • ストーリーを進行させるためだけの悪役が出て来ない。

岡田惠和脚本の魅力が満載でした!

私の場合、テレビで見ていたときは登場人物より下の世代でした。

それでもめちゃめちゃ共感、リアリティありました。

そろそろ登場人物の年齢がリアルになってきたので、また見直してみたいです。

名作ドラマは、何度見ても飽きない!

FODで配信されてます。【外部リンク】まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

2位『彼女たちの時代』

  • 放送:1999年フジテレビ水曜22時~(全12回)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:武内英樹、石坂理江子、澤田鎌作
  • プロデューサー:高井一郎
  • 主題歌:NiNa『Hapy Tomorrow』
  • 出演者:深津絵里、椎名桔平、水野美紀、中山忍、加藤晴彦、奥貫薫、鳥羽潤ほか
  • あらすじ:ひょんなことから出会った26才の女性3人の友情と恋を軸に、日々の悩み、葛藤し、未来に向かって歩いていく人々の姿をリアルに描いた作品!

大大大好きでした!

椎名桔平様がリストラ部屋に閉じ込められたエピソードが強烈で、ずっと覚えてました。

FODに加入したので、最近また見直してみました。

やっぱり、めちゃめちゃ面白かったです!

26才だった主人公たち、いまは46才になっているはずです。続編が見たいです。(熱望)

【外部リンク】まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

3位『ちゅらさん』

  • 放送:2001年NHK月~土曜8時15分~(全156回)
  • 作:岡田惠和
  • 演出:榎戸崇泰、遠藤理史、大友啓史、渡辺一貴、藤井靖、高橋練、堀切園健太郎
  • 制作統括:菅康弘
  • 主題歌:Kiroro『BestFriend』
  • 出演者:国仲涼子、平良とみ、堺正章、田中好子、ゴリ、山田孝之、小橋賢児、菅野美穂、小西真奈美ほか
  • あらすじ:沖縄と東京を舞台に、主人公・恵理の人間的な成長物語、恋の行方、家族との絆、仕事など、人間模様を描く!

NHKの朝ドラ。リアルタイムでは見てませんでした。

シナリオ本を読んで、面白すぎたので、レンタル屋で借りて見ました。

めちゃめちゃよかったです!

菅野美穂様か小西真奈美様が、主人公に、「あんたがドラマの主人公なら私は敵だろうけど、私がドラマの主人公ならあんたの方が敵なんだから」みたいなセリフ(うろ覚えすみません)を言うところ。

岡田惠和脚本ドラマの神髄だと思いました。

 

4位『夢のカリフォルニア』

  • 放送:2002年TBS金曜22時~(全11回)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:土井裕泰、三城真一、平野俊一
  • プロデューサー:瀬戸口克陽
  • 主題歌:堂本剛『街』
  • 出演者:堂本剛、柴咲コウ、国仲涼子ほか
  • あらすじ:毎日を平凡に暮らし三流大学に通う山崎終。ある日、中学の同窓会の知らせが届き出席することになるが、その日を境に終の人生に変化が起きる!

岡田惠和脚本の、「自分探し」系ドラマが大好きです。

説教するのではなく、そのままでいいんだよって温かく包み込む感じ?

登場人物たちが、ドラマチックではない、小さな一歩を踏み出す感じ?

堂本剛様、柴咲コウ様、国仲涼子様の3人で、シラスを食べに行くシーンが印象に残ってます~

 

5位『泣くな、はらちゃん』

  • 放送:2013年日本テレビ土曜21時~(全10回)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:菅原伸太郎、狩山俊輔、松山雅則
  • プロデューサー:大平太、河野英裕、小泉守、萩原真紀
  • 主題歌:TOKIO『リリック』
  • 出演者:長瀬智也、麻生久美子、丸山隆平、忽那汐里、薬師丸ひろ子ほか
  • あらすじ:ヒロインが描く漫画の主人公が実体化して現実の世界に現れ、ヒロインに恋をするファンタジー作品!

現在放送中『セミオトコ』に近い内容です。

ヒロイン麻生久美子様がかまぼこ工場で働いてるもんで、ドラマ放送時はいつも、かまぼこ食べながら視聴してました(笑)

長瀬智也様が、『セミオトコ』みたいに、麻生久美子様の部屋に突然現れるのですが、

長瀬智也様の体が大きくて、麻生久美子様の部屋が小さいので、こんな大男がいきなり部屋に現れたらめちゃめちゃ怖いだろうなあ、と思いながら見てました。

癒されるというよりは、恐怖でした(笑)

なので、『セミオトコ』は、山田涼介様の線が細さが肝だと思います。

 

6位『ビーチボーイズ』

  • 放送:1997年フジテレビ月曜21時~(全12回)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:石坂理江子、澤田鎌作、木村達昭
  • プロデューサー:亀山千広、高井一郎
  • 主題歌:反町隆史with Richie Sambora『Forever』
  • 出演者:反町隆史、竹野内豊、広末涼子、マイク眞木、稲森いずみほか
  • あらすじ:女に捨てられた男と、仕事に捨てられた男が、海辺の民宿でひと夏を過ごす物語!

岡田惠和様の代表作の一つ。

イケメン盛りの反町隆史様と竹野内豊様、瑞々しい広末涼子様などが、夏のビーチでわちゃわちゃする物語。

私は当時は若かったので、もっと刺激的で抑揚のある物語を求めてました。

大人になったいま、魅力がわかるようになってきました。

夏にまたこんなドラマをまったり見たい…

FODで配信されてます。【外部リンク】まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

7位『輝く季節の中で』

  • 放送:1995年フジテレビ木曜22時~(全11回)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:木村達昭、新城毅彦、臼井裕詞
  • プロデューサー:亀山千広、杉尾敦弘
  • 主題歌:FIELD OF VIEW『君がいたから』
  • 出演者:石田ひかり、保阪尚輝、中居正広、篠原涼子、井森美幸、長塚京三、渡辺いっけい、遠山景織子、稲森いずみほか、
  • あらすじ:医師を目指す5人の若者の恋愛、友情、希望、挫折、生死…青春の葛藤を描く!

医師をめざす若者たちの青春ドラマ。

大好きな「自分探し」系でした。

内容ウロ覚えですが、主題歌をめっちゃ覚えてます!

 

8位『小公女セイラ』

  • 放送:2009年TBS土曜19時56分~(全10回)
  • 原作:フランシス・ホジソン・バーネット『小公女セイラ』
    小公女セイラ ~リトルプリンセス~
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:金子文紀、吉田秋生、中井芳彦
  • プロデューサー:磯山晶
  • 主題歌:UVERworld『哀しみはきっと』
  • 出演者:志田未来、林遣都、田辺誠一、岡本杏理、忽那汐里、小島藤子、黒川智花、大和田伸也、斉藤由貴、樋口可南子ほか、
  • あらすじ:学院一の大富豪から無一文の使用人になったセイラの物語。

岡田惠和様が、もうだいぶベテランになられてからの作品です。

意地悪担当の女の子(小島藤子様/原作のラビニア)が、意地悪にも意地悪の事情があると描かれているところが、

「ザ・岡田惠和脚本ドラマ」という感じでした。

 

9位『君の手がささやいている』

  • 放送:1997年~テレビ朝日(全5章)
  • 原作:軽部潤子『君の手がささやいている』
    君の手がささやいている(1) (Kissコミックス)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:新城毅彦
  • プロデューサー:黒田徹也、佐々木基、東城祐司、清水真由美
  • 主題歌:スティーヴィー・ワンダー『心の愛』
  • 出演者:菅野美穂、武田真治、中村麻美、斎藤陽一郎、木内みどり、本田博太郎、高樹沙耶、石田太郎、加賀まりこほか、
  • あらすじ:聴覚障害者のヒロインと彼女と共に生きる夫や娘、家族が、さまざまな障害や葛藤をお互い支え合い分かち合い、愛の力で乗り越えていく姿を描く。

1年に1本ずつ、5年に渡って放送されました。

愛に溢れた作品でした。

 

10位『ドク』

  • 放送:1996年フジテレビ木曜22時~(全10回)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:木村達昭、武内英樹、二宮浩行
  • プロデューサー:栗原美和子
  • 主題歌:今井美樹『PRIDE』
  • 出演者:安田成美、香取慎吾、椎名桔平、菅野美穂、相島一之、渡辺慶、星野真理、高知東急、橋爪浩一、斉藤洋介、島かおり、林隆三ほか、
  • あらすじ:主人公の長瀬雪は、ベトナムへ旅行した時にベトナム人青年・ドクと知り合う。帰国後、語学学校の日本語教師として就職した雪は、ドクと再会する。

香取慎吾様のベトナム青年役が、印象に残っています。

岡田惠和脚本だったのだと、今回はじめて知りました。

 

11位『銭ゲバ』

  • 放送:2009年日本テレビ土曜21時~(全9話)
  • 原作:ジョージ秋山『銭ゲバ』
    銭ゲバ 上 (幻冬舎文庫 し 20-4)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:大谷太郎、狩山俊輔
  • プロデューサー:河野英裕、難波利昭
  • 主題歌:かりゆし58『さよなら』
  • 出演者:松山ケンイチ、ミムラ、宮川大輔、木南晴夏、石橋杏奈、光石研、りょう、椎名桔平ほか
  • あらすじ:極度の貧困から、殺人を繰り返しながら金銭と名誉を掴む1人の青年・蒲郡風太郎の波乱万丈ピカレスクロマン。

これも、岡田惠和様脚本というのが意外です。

放送当時、視聴率が悪くてニュースになっていたような気がしますが、記憶に残ってるドラマです。

 

未視聴

岡田惠和様の話題作だけど、見逃してしまったもの…

『イグアナの娘』

  • 放送:1996年テレビ朝日月曜20時~(全11話)
  • 原作:萩尾望都『イグアナの娘』
    イグアナの娘 (小学館文庫)
  • 脚本:岡田惠和
  • 演出:今井和久、新城毅彦
  • プロデューサー:東城祐司、塚本連平
  • 主題歌:エルトン・ジョン『YOUR SONG』
  • 出演者:菅野美穂、岡田義徳、小嶺麗奈、佐藤仁美、山口耕史、木内みどり、榎本加奈子、川島なお美、草刈正雄ほか
  • あらすじ:醜形恐怖症と親子の確執を題材に、娘を愛することができない母親と母から愛されない娘、両者の苦悩をファンタジーの要素を織り込んで描いた。

ちょうどドラマをあまり見てなかった時期でした。

面白すぎて、視聴率が右肩あがりだったのですよね。見たかった~

アマゾンプライムで配信されてるみたいです。【外部リンク】Amazonプライム『イグアナの娘』

 

『ひよっこ』

  • 放送:2017年NHK月~土曜8時15分~(全156話)
  • 作:岡田惠和
  • 演出:黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也、川上剛、堀内裕介、松木健祐、板垣麻衣子
  • 制作:服部公一、征矢吉裕、三宮賢治、石井仁朗、覺幸悠太、吉岡万穂
  • 主題歌:桑田佳祐『若い広場』
  • 出演者:有村架純、沢村一樹、木村佳乃、峯田和伸、羽田美智子、柴田理恵、竹内涼真、佐藤仁美、佐久間由衣、泉澤祐希、光石研、斉藤暁、生田智子、白石美帆、島崎遥香、シシド・カフカ、松尾諭、津田寛治、竜星涼、井之脇海、やついいちろう、磯村勇斗、小島藤子、伊藤沙莉、藤野涼子、松本穂香、八木優希、浅香航大、岡山天音、菅野美穂、和久井映見、佐々木蔵之介、三宅裕司、白石加代子、古谷一行、宮本信子ほか
  • 語り:増田明美
  • あらすじ:東京オリンピック前後、山あいの村に育った米農家の長女・谷部みね子が主人公。様々な試練を乗り越えて成長していく。

朝ドラを見なくなってた時期でした~

見たかったです。

 

その他

その他の、主な岡田惠和脚本ドラマ。

  • 『南くんの恋人』(主演:高橋由美子、武田真治)
  • 『若者のすべて』(主演:萩原聖人、木村拓哉)
  • 『最高の恋人』(主演:稲垣吾郎、高橋由美子)
  • 『まだ恋は始まらない』(主演:小泉今日子、中井貴一)
  • 『おそるべしっっ!!!音無可憐さん』(主演:榎本加奈子、岡田義徳)
  • 『ランデヴー』(主演:田中美佐子、桃井かおり)
  • 『可愛いだけじゃダメかしら?』(主演:榎本加奈子、岡田義徳)
  • 『天気予報の恋人』(主演:佐藤浩市、稲森いずみ)
  • 『おひさま』(主演:井上真央、高良健吾)
  • 『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』(主演:滝沢秀明、椎名桔平)
  • 『恋セヨ乙女』(主演:真中瞳)
  • 『アルジャーノンに花束を』(主演:ユースケ・サンタマリア、菅野美穂)
  • 『僕だけのマドンナ』(主演:滝沢秀明、長谷川京子)
  • 『恋文~私たちが愛した男~』(主演:渡部篤郎、水野美紀、和久井映見)
  • 『ホームドラマ!』(主演:堂本剛)
  • 『マザー&ラヴァー』(主演:坂口健二、篠原涼子、松坂慶子)
  • 『あいのうた』(主演:菅野美穂、玉置浩二)
  • 『バンビ~ノ!』(主演:松本潤)
  • 『めぞん一刻』(主演:伊東美咲、中林大樹)
  • 『無理な恋愛』(主演:堺正章、夏川結衣)
  • 『造花の蜜』(主演:壇れい)
  • 『スターマン・この星の恋』(主演:広末涼子、福士蒼汰)
  • 『チキンレース』(主演:寺尾聡、岡田将生)
  • 『さよなら私』(主演:永作博美、石田ゆり子)
  • 『心がポキッとね』(主演:阿部サダヲ、水原希子)
  • 『ど根性ガエル』(主演:松山ケンイチ)
  • 『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(主演:沢村一樹)
  • 『この世界の片隅に』(主演:松本穂香、松坂桃李)



番外『セミオトコ』(現在放送中!)

セミオトコ

(写真:テレビ朝日『セミオトコ』公式ページより)

  • 脚本:岡田惠和
  • 監督:宝来忠昭、竹園元
  • プロデューサー:横地郁英、服部宣之、布施等、本郷達也
  • 主題歌:Hey!Say!JUMP『ファンファーレ!』
  • 出演:山田涼介、木南晴夏、今田美桜、三宅健、山崎静代、やついいちろう、北村有起哉、阿川佐和子、壇ふみほか
  • あらすじ:美しきセミの王子様と30代さえない女子の7日間だけのキセキのラブストーリー!

セミオかわえええええええええ

どハマってます。

毎週の癒しです。

登場人物がみんな魅力的で、みんな大好きすぎて、みんな愛しくて、みんな幸せになって欲しいです。

架空の人物に対してとはいえ、他人の幸せを祈ってしまう自分って、悪くないなあと思わせてくれます。

愛に溢れて、愛が感化していくドラマです。最高!



岡田惠和(おかだよしかず)

岡田惠和

  • 1959年2月11日生/東京都出身
  • 繊細なタッチの物語世界とポジティブなキャラクター造形、会話劇で幅広いファン層を獲得。多彩な作風で連続ドラマを中心に、映画、舞台などの脚本を手がけている。近年の主な作品として、「最後から二番目の恋」(フジテレビ)、「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ)、「この世界の片隅に」(TBS)、映画「いま、会いにゆきます」「世界から猫が消えたなら」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」「雪の華」などがある。2019年7月には、銀杏BOYZの楽曲を元に原作・脚本を手掛けた映画「いちごの唄」が公開を控える。
  • 1999年第50回文化庁芸術選奨文部大臣新人賞「彼女たちの時代」2001年第10回橋田賞「ちゅらさん」2001年第20回向田邦子賞「ちゅらさん」2005年第65回芸術選奨 放送部門 文部科学大臣賞「さよなら私」2018年第26回橋田賞「最後の同窓会」「ひよっこ」

(写真&情報:『U.F.Oカンパニー』公式ページより)



今回のまとめ

【岡田惠和脚本ドラマランキング(独断)】

  • 1位『最後から二番目の恋』
  • 2位『彼女たちの時代』
  • 3位『ちゅらさん』
  • 4位『夢のカリフォルニア』
  • 5位『泣くな、はらちゃん』
  • 6位『ビーチボーイズ』
  • 7位『輝く季節の中で』
  • 8位『小公女セイラ』
  • 9位『君の手がささやいてる』
  • 10位『ドク』
  • 11位『銭ゲバ』

 

オタクちゃん

岡田惠和様ドラマが見られることに感謝!
岡田惠和脚本ドラマ、大好き、最高かよ!

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA