プロフィール

プロしあわせちゃん@こじらせ毒女

(基本スペック)

  • 43才バツなし独身(子なし)
  • 双子座O型
  • 福岡県在住

 

(ブログ理念)

  • 面白くて、役に立つ情報を発信して、人の心を明るく軽くしたい!
  • こじらせ系女子に「共感」「発見」「勇気」「安心」をギブしたい!

(夢&目標)

  • 好きな場所で、好きな時に、好きなことをして暮らす!

 

こじらせの歴史

長崎県の離島で生まれ育つ

  • 1975年、長崎県の離島に生まれる。

父は漁師。4姉妹の次女。【関連記事】(雑記)帰省。実家の漁師めし

幼少期

(前が私、奥が妹)

 

暗黒の学生時代

長崎県内の小中高校に通う。

容姿、性格、家庭環境、家族構成など、自分の全てが大嫌い。

自意識過剰。

コンプレックスの塊。

大きな何かがあったというわけではないけど、モテなかったし。周囲を無駄に傷付けてたし。

思い出すのもしんどい10代でした。

よっぽどイヤだったのでしょう、手元に写真もない。(実家にはある)

 

人生を変えたくて上京

  • 18才。高校卒業後、「東京で生まれ変わりたい!」「モテたい!」という理由で上京。

新聞奨学生をやりながら日本ジャーナリスト専門学校に入学。

東京では「若い女」というだけで誰でもモテるので、生まれてはじめて彼氏ができる。

「東京」と「恋愛」にのぼせて、学校に通ってる場合じゃなく退学。

 

  • 19才。結婚するつもりで彼氏と同棲。

パチンコ屋でバイトも始める。

いろんな男からチヤホヤされる。

彼氏以外とのデートやセ〇クスってどんな感じなんだろう、と調子に乗って浮気。

バレて彼氏と別れる。

 

キャバ嬢&ホステスをやりながら、競馬予想師・脚本家をめざす

  • 20才。パチンコ屋で仲良くなった女子に誘われて水商売デビュー。

池袋のパブで働く。

暗黒の10代を取り戻すかのように遊びまくる。

 

  • 21才。突然、競馬のジョッキー(騎手)と結婚したいと思う。

ジョッキーとの出会いを求めて、六本木のキャバクラに移籍。

六本木キャバクラ

(公演とか総選挙とか、AKB48みたいなことしてますた。)

 

同時に競馬予想師も目指す。

当時「ブログ」はなかったので、自分でHTMLタグを打ってホームページを作り、競馬予想を更新。

「ネットアイドル競馬予想士」としてマスコミに取り上げられる。

競馬予想
しあわせちゃん
その名も「おっぱい予想」…

 

注目されるにはエロしかない!

という短絡的思考で、かなり際どく脱ぎまくる。

雑誌のグラビアでセミヌードになったところ、離島の親にバレ、プチ勘当される。

 

  • 25才。結局ジョッキーとは付き合えず、今度は脚本家をめざす。

生活費は水商売で稼ぐ。

年齢的にキャバ嬢が厳しくなり、銀座のホステスとなる。

5年ぶりに彼氏ができる。

〇〇庁に勤める5才年上の国家公務員。

上京して、男性たちからチヤホヤされまくたものの、やはり根本は自分に自信がなかったのでしょう。

彼氏の肩書きで己のランクを上げようとする「肩書きフェチ」となる。

 

  • 27才。彼氏からプロポーズされる。

結婚したい、でも自由を奪われるのはイヤだ、誰かとどっぷり深い関係になるのも怖い…

居ても立ってもいられなくなり、元彼と密会。(ヤッてない)

バレて別れる。(反省してます)

 

  • 29才。東大卒の彼氏ができる。

3ヶ月で別れる。

 

  • 30才。世界的大企業〇〇〇〇の社長と付き合い、贅沢三昧させてもらう。

が、社長には外国に外国人の妻がいて、日本には日本人の内縁の妻がいることが判明。

自分はあそびの女だったらしく、すったもんだの末に関係解消。

肩書きに対する欲望は満たされたので、「肩書きフェチ」を卒業する。

 

テレビ局のコンクールで受賞し、脚本家デビュー

ヤンシナ授賞式

(授賞式にて。フ〇テレビ社長と)

 

  • 31才。脚本家になれたはいいものの、理想と現実の違いにもがく。

テレビ局からゴミのように扱われる。大量の用事を押し付けられるのに、ギャラはほとんどもらえない。

若くなくなったので、誰からもチヤホヤしてもらえない。

腐りながらも業界にしがみつく。

 

  • 33才。脚本家の彼氏ができて、同棲。

同業のため仕事のことで張り合ってマウンティングの日々。

彼からの攻撃がだんだんねちっこくなり、モラハラ状態となる。

これはマズイと、同棲していた家から逃げ出す。【関連記事】40代、昔チヤホヤされていた女の恋愛失敗談

 

  • 35才。プロデューサー(男)からホテルに連れ込まれそうになる。

断ると、「今後キミとは仕事しない」と脅される。

 

  • 37才。脚本家事務所を移籍。

新しい事務所のマネージャー(女)がパワハラ体質で、根性見せろという理由で徹夜仕事を強要される。

罵倒もされる。

 

  • 38才。己を反省。

モラハラ、セクハラ、パワハラ…

こんなにも人間関係のトラブルが続くのは自分のせいだと思う。

「生まれ変わりたい!」「人生やり直したい!」と思う。

脚本家をやめて東京を離れることを決意する。【関連記事】40代独身、人生をやり直したい東京脱出「移住」体験談

坊主

 

金髪

 

眉毛

(東京末期。坊主にして、金髪にして、眉毛全剃りして…完全に病んでました。笑)

【関連記事】(40代で地方移住)東京もうムリかもしれないランキング7!

 

福岡県福岡市に移住

(沖縄に移住するつもりがうまくいかず、大好きなHKT48の本拠地・福岡市に変更。)【関連記事】(指原莉乃卒業)ピンチのHKT48から学ぼう人生!(宮脇咲良・矢吹奈子『IZ*ONE』専任)

今度は小説家をめざす。

8才年下の彼氏(HKT48ヲタ仲間)ができる。

付き合ってすぐに妊娠検査薬陽性反応。

ついに結婚かと思いきや化学流産。【関連記事】40代独身、「化学流産」体験談

その後、「私とアイドルどっちが大事なのよ!」的なことがあり、別れる(恥)

能古島

(能古島。加齢を「SNOW」でごまかして。笑)

 

  • 41才。脚本を書いてたから小説も書けるだろうと思ってたけど、そもそも自分は小説を書くのが好きじゃない、ということに気付く。

小説家の夢、挫折。

 

占いの館で3か月やってみたものの、「コレジャナイ感」が募ってやめる。

 

  • 42才。介護士をめざす。

「実務者研修」の職業訓練に通うも、担任の講師(高圧的)とソリが合わず退校。

「初任者研修」を取得して介護士デビュー。【関連記事】40代から「ホームヘルパー」(訪問介護士)になるには?

 

プロブロガーを目指す!

  • 43才。自分がやりたいのは「書く仕事」、介護職で人生を終わらせるなんて絶対イヤだと思う。

「プロブロガー」という存在を知る。

昔からずっと、ブログを書いて暮らせたらどんなにいいだろうと思っていた。ブログなんて収入にならないとあきらめていた。

ブログが収入に繋がるなんてはじめて知った!

運命のタイミングに違いない!

プロブロガーをめざしたい!←いまここ(笑)

 

しあわせちゃん
こんなこじらせ毒女の私ですが、よろぴこお願いいたします~