『リカ』ドラマオタクの感想!(1~2話)

アイキャッチ

こんにちは。ドラマオタクちゃん(@doramaotaku_pro)です。

F2層(35~49才女性)です。元脚本家です。

美人さん

『リカ』始まった!!!みんな見てるかな?…どうだったかな?…面白かったかな?…つまらなかったかな?…他の人の感想が知りたい!!!

気になってる方、いますか?

私です。自分が面白いドラマを他の人はどう思っているのか。自分がつまらないドラマを同じくつまらないとブーブー文句垂れてる人はいないか。

共感を求めて、ネットで検索しちゃいます。

脚本家としては四流でしたが、視聴者としては超一流。子どもの頃からドラマオタクの「プロ視聴者」。「F2層」「元脚本家」の視点から、

今回は、「『リカ』の感想」を記します。

参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:東海テレビ『リカ』公式ページより)



『リカ』感想

第2話

1話

(写真:東海テレビ『リカ』公式ページより)

もったいない、という印象。

自称28歳の純愛モンスター

のあおり文句、すごく好きでわくわくしてたのになあ…。

先週と同じ感想ですが、

ホラーにするなら、視聴者視点の人物で描くべきです。

小池徹平様でも夏菜様でもいい。

  • 視聴者視点の人物が、自称28歳純愛モンスターからとことん追いつめられる。
  • 視聴者視点の人物が、自称28歳純愛モンスターの素性や不可解な出来事の謎を解いていく。

自称28歳純愛モンスターの存在自体(キャラ)を面白がらせたいなら、

  • 自称28歳純愛モンスターが小池徹平にターゲットを定めるところ、愛を勝手に募らせていくところを、面白シーン満載で盛り上げる。

今、どっちつかずです。中途半端です。

ホラーとしてもノレないし、自称28歳純愛モンスターのキャラも思ってたより「普通」でつまらないです。

毎回同じ感想になりそうなので、感想表記を離脱します。

ありがとうございました。感謝。

もったいない~!

第1話

1話

(写真:東海テレビ『リカ』公式ページより)

うーん、いまいちでした。

冒頭20分くらいは面白かったです。

  • 28歳と言い張る高岡早紀、最高。
  • 高岡早紀が28歳と言い張る度に凍りつく空気、最高。
  • 高岡早紀の28歳を素直に受け入れてる小池徹平、最高。

その後、同じテンションで同じような出来事がダラダラ続くので飽きました。

脚本ではなく、演出の問題でしょうか。

モンスター主人公を俯瞰で楽しませるツクリなら、もっとエキセントリックに、テンポよくやってもらわないと、盛り上がらない気がする。

今回みたいなトーンなら、視聴者視点の人物の配置が必要な気がする。

視聴者と同じ感覚で、モンスター主人公に違和感を持ってくれる人物。

夏菜様が視聴者視点担当かと思いましたが、違いました。

夏菜様、初回はほとんど意味なしの存在でした。今後ストーリーに絡んでくるのでしょうか?

「自称28歳」「純愛モンスター」のあおり文句すごく好きだし、イッちゃってる高岡早紀様も魅力的なので、来週も見ます。

面白くなって欲しい。もっと、ゲスで下品であざとく!



『リカ』あらすじ(※公式ページより)

第2話(10月12日)

花山病院では、ナースコールで呼ばれた看護師長の小山内(池谷のぶえ)が非常階段から転落し、植物状態になってしまったことに、皆ショックを受けていた。大矢(小池徹平)は、警察に通報して調べた方が良いと、院長で大矢の叔父・大次郎(西岡徳馬)に相談するが、病院の落ち度を世間に晒すことはないと大次郎は箝口令を敷く。大谷は渋々従い、全職員に指示を出す。

一方、リカ(高岡早紀)は、大矢に近づくための更なる手段として、翌日の虫垂炎の手術で大矢の補佐に入っている看護師の倉田(藤本沙紀)から、担当を奪うための計画を企てて……。

結局リカは大矢のオペの補佐をすることになる。虫垂炎の手術は無事に終わるが、術後一息ついていた大矢のもとに、リカが駆け込んでくる。リカが告げたのは、大矢にはとうてい信じ難い自体だった……。

リカに翻弄され続け、大矢の運命が暗転していく……!(東海テレビ『リカ』公式ページより)

第1話(10月5日)

どことなく怪しげなマンションのとある一室。美しいバーバリウムが飾られた中、真剣な表情でメイクしているのは、雨宮リカ(高岡早紀)である。顔をメイクした後、左腕を出すとそこには不気味な痣が。リカは痣をファンデーションで隠していく…。
地域医療に根ざした個人病院、花山病院の副院長・大矢昌史(小池徹平)は、優秀な外科医で患者や看護したちの信頼も厚い。
その日花山病院は、看護師補充の面接をしていた。終わり間近に、コツコツと靴音を響かせてやってきた女、それがリカだった。28歳と本人が自称する年齢に違和感は抱いたものの、豊富な経験は申し分なく、日本医師協会前会長からの推薦状まで持参したリカに、大矢は思わず「あなたみたいな優秀な方が何故うちに」と尋ねると、リカは嬉しそうに「運命なんです」とつぶやく。その時、リカの左腕の痣が薄紫色に浮き上がったのを、看護師長の小山内(池谷のぶえ)だけは見逃さなかった。面接後、大矢ら男性医師はリカの採用に傾くが、小山ウチだけはリカの冷え冷えとした得たいのしれない空気に嫌悪を感じ反対する。しかし、大矢の叔父であり、脳梗塞を発症して以来特別病室で生活する病院長・花山大次郎(西岡徳馬)は、医師協会前会長の推薦状を持ったリカを断る事は出来ないと仮採用を決める。
花山病院で働き始めたリカは、大矢との仕事では優秀な看護師として手腕を発揮するが、他の医師との仕事にはおよそやる気を見せない。救急のけが人の治療の際は大矢と見事なコンビネーションを見せる。リカはその時大矢が廃棄した手袋を自宅に持ち帰り、バーバリウムにしてうっとり眺めていた。更にリカはサボり癖のある看護師・森田(立花理恵)から大次郎の看病を譲り受け、口うるさい大次郎の心をほぐし巧みに取り込んでいく。
「女は28歳までに結婚して、家庭に入って、愛する夫に尽くすのが一番幸せ…」
そんな自分の理想を話すリカに何科不気味なものを感じ困惑する大矢。リカが働き始めたことによって、花山病院の歯車が徐々に狂っていく。(東海テレビ『リカ』公式ページより)



『リカ』視聴率

  • (第1話)2.7%
  • (第2話)3.6%



『リカ』基本情報

リカ

(写真:東海テレビ『リカ』公式ページより)

  • 原作:五十嵐貴久『リハーサル』『リカ』
    リカ (幻冬舎文庫)
  • 脚本:牟田桂子、嶋田うれ葉
  • 演出:松木創、菊川誠、下向英輝
  • プロデューサー:栗原美和子、河角直樹、芳川茜
  • 主題歌:倖田來未『STRIP』
  • 出演:高岡早紀、小池徹平、大谷亮平、夏菜、徳永えり、柏原収史、西岡徳馬ほか
  • あらすじ:純愛モンスターが暗躍するサイコスリラー!常軌を逸した永遠の28歳リカが周囲を破滅に追い込んでいく!



今回のまとめ

オタクちゃん

いつも好き勝手に批評して、すみませんえん。
連ドラ、大好き、最高かよ!

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA