杉田水脈「生産性がない」新潮論文、40代独身子なしが読んだ感想

タイトル

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannet)です。

43才バツなし独身子なしです。

 

杉田水脈議員の『新潮45』寄稿文、を読まれましたか?

「生産性がない」「LGBT差別」で話題になった、あの論文です。

遅ればせながら、私も読みました。泣けました。

結婚も出産も、深く考えないまま、気付いたら43才バツなし独身子なしになっていた立場から、感想を綴ります。

参考になれば幸いです~

 

この記事はこんな人にオススメ!
  • 「杉田水脈」論文について、他人の感想や意見を知りたい人!
  • 「杉田水脈」論文に興味がある人!
  • 「時事ネタ」が好きな人!



全文を読んでみた「感想」

泣けました。

43才独身子なし。生産できなかった人間ですみません。

先日、子供を3人育てている幼なじみ(シングルマザー)からも言われました。

「子供を産んでない女って、生きてる意味ないよね?」

申し訳ないです。

生きる価値のない人間でごめんなさい(号泣)



基本情報

「杉田水脈」議員について

杉田水脈

(写真:『すぎた水脈』公式ページより)

  • 本名:杉田水脈(すぎた みお)
  • 職業:衆議院議員
  • 生年月日:1967年4月22日生まれ
  • 出身地:兵庫県神戸市垂水区
  • 出身校:親和中学校→親和女子高等学校→鳥取大学農学部林学科卒業
  • 経歴:積水ハウス木造→西宮市役所勤務→政治家
  • 所属政党:みんなの党→日本維新の会→次世代の党→日本のこころを大切にする党→日本のこころ→自由民主党(細田派)

 

「寄稿文」について

  • 掲載:『新潮45』2018年8月号
  • 寄稿文タイトル:『「LGBT」支援の度が過ぎる』

 

(以下、内容抜粋)

この1年間で「LGBT」(L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダー)がどれだけ報道されてきたのか。新聞検索で調べてみますと、朝日新聞が260件、読売新聞が159件、毎日新聞が300件、産経新聞が73件ありました(7月8日現在)。キーワード検索ですから、その全てがLGBTの詳しい報道ではないにしても、おおよその傾向が分かるではないでしょうか。
朝日新聞や毎日新聞といったリベラルなメディアは「LGBT」の権利を認め、彼らを支援する動きを報道することが好きなようですが、違和感を覚えざるをません。発行部数から言ったら、朝日新聞の影響の大きさは否めないでしょう。

 

「生きづらさ」を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです。
例えば、子育て支援や子供ができなカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。

 

 多様性を受けいれて、様々な性的指向も認めよということになると、同性婚の容認だけにとどまらず、例えば兄弟婚を認めろ、親子婚を認めろ、それどころか、ペット婚、機械と結婚させろという声が出てくるかもしれません。現実に海外では、そういう人たちが出てきています。どんどん例外を認めてあげようとなると、歯止めが効かなくなります。
「LGBT」を取り上げる報道は、こうした傾向を助長させることにもなりかねません。朝日新聞が「LGBT」を報道する意味があるのでしょうか。むしろ冷静に批判してしかるべきではないかと思います。
「常識」や「普通であること」を見失っていく社会は「秩序」がなくなり、いずれ崩壊していくことにもなりかねません。私は日本をそうした社会にしたくありません

(出典:Skeltia_vergber on the Web>杉田水脈著『「LGBT」支援の度が過ぎる』を全文書き起こす(転載歓迎)



考察

私はこう読んだ

記事を要約すると、

  • 『朝日新聞』が「LGBT」を報道しすぎる。
  • だから、政治家が人気とりのため「LGBT」に配慮する。
  • 結果、「生産性」(子作り能力)のない「LGBT」に税金が使われてしまう。
  • 『朝日新聞』が多様性を容認しすぎる。
  • だから、「生産性」が下がる。

 

ということでしょうか。

今回の特集は『日本を不幸にする「朝日新聞」』です。


新潮45 2018年08月号

 

原稿作成の流れとしては、

  1. 「朝日新聞」を叩く記事を書かなくてはならない。
  2. 「LGBT」を題材にしよう。
  3. 「過激な発言」で話題になればいい。

 

かと想像します。

杉田議員は、過去にも炎上発言で注目を集めています。

今回もその一環だったのでしょう。

それにしても、人間をカテゴライズして、「生産性がない」と表現してしまうのは、悲しいことです。

 

「生産性」とは?

そもそも、「生産性」とは何でしょう?

手元の辞書には、

[生産]①(自然の形でとれるものに手を加えて)生活に役立つ品物を作り出すこと。②(作品などを)作り出すこと。

[生産性]①労働生産性②つぎつぎに作り出す性質

 

とあります。

私はいま、週に2日ホームヘルパーをやっています。【関連記事】40代から「ホームヘルパー」(訪問介護士)になるには?

高齢者のおむつを交換したり、掃除したり、食事を作ったりしています。

この高齢者が生きるために、介護保険やら何やら、多額の税金が使われています。

あとは死ぬのを待つだけの老人に、こんなにまでやってあげる必要があるのかな?… もっと、これからを生きる世代のためにお金や労力を使った方がいいのではないかな?…

と思うことは正直あります。【関連記事】一人で老いるということ(寝たきりAさん)

思考的には、杉田議員と同じです。

でも、想像します。

この人が生きてるだけで、家族はうれしいかもしれない…

この人がこれまでがんばってくれたおかげで、私たちの現在があるのかもしれない…

介護や死にざまについて、後輩の私たちに学ばせてくれているのかもしれない…

私は、子供を生産することはできませんでした。

でも、いちおう税金は払っています。

私が生きてるだけで、私の親はたぶん喜んでくれている。

私の仕事や特技が、他人の役に立ったことも、きっと少しはあるはずです。

それだって、何かを「生産」「生み出している」ことにならないでしょうか。

子供を作ることだけを「生産性」と定義するのなら、夫婦で3人以上の子供が必要です。

杉田議員には娘が1人しかいないとのこと。

「オマエだって生産性ないじゃないか」と攻撃されても文句は言えないでしょう。

そんな社会、せつなすぎます。

 

対策

 

しあわせちゃん
私、「宗教」はやっていません!

 

宣言が必要なくらい、日本では「宗教」がタブー視されています。

ほとんどの人が、「生きる指針」「哲学」を持たないまま年を重ねていきます。

そこにムリが生じているのではないでしょうか。

 

  • 「輪廻転生」というものがあり、
  • 魂は何度も生まれ変わる、
  • 人がこの世に肉体を持って生まれるのは、生産性のためではなく、魂の成長のためである…

 

例えば、こんな宗教観が、あたり前に存在している社会だったらどうでしょう。

人をカテゴライズして「生産性がない」と非難するような悲しい出来事も、減るのではないでしょうか。

もっとお互いを認め合えるのではないでしょうか。

私たちに足りないのは「心の勉強」「生きる指針」なのではないか。

そんなことを考えた次第です。

(なんか、怪しいまとめですみません。笑)

【関連記事】40代、「人生」の悩みを解決するスピリチュアル入門



最後に

現在の与党の方々、「産めや」「増やせや」といった発言をよくされます。

しかし、トップの安倍総理夫妻には子供がいません。きっと、「生産性がない」と悪口陰口叩かれているのでしょうか。

想像すると胸が苦しいです。

もっと多様性が認められる、他人を思いやれる社会になるといいなあ…

 

しあわせちゃん
せめて、自分はそうありたい。
タコ師匠
みんな、幸せになるんやで~
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA