サイト改装中、ご迷惑おかけします。

『わたし旦那をシェアしてた』感想&あらすじ!(毎話追加)

アイキャッチ

こんにちは。プロしあわせちゃん(@doramaotaku_pro)です。

F2層(35~49才女性)です。元脚本家です。

 

美人さん

『わたし旦那をシェアしてた』始まった!!!みんな見てるかな?…どうだったかな?…面白かったかな?…つまらなかったかな?…他の人の感想が知りたい!!!

 

気になってる方、いますか?

私です。自分が面白いドラマを他の人はどう思っているのか。自分がつまらないドラマを同じくつまらないとブーブー文句垂れてる人はいないか。

共感を求めて、ネットで検索しちゃいます。

脚本家としては四流でしたが、視聴者としては超一流。子どもの頃からドラマオタクの「プロ視聴者」。「F2層」「元脚本家」の視点から、

今回は、「『わたし旦那をシェアしてた』感想&あらすじ」を記します。

参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:読売テレビ『わたし旦那をシェアしてた』公式ページより)



『わたし旦那をシェアしてた』感想

第2話(7月11日)

2話

(※写真:読売テレビ『わたし旦那をシェアしてた』公式ページより)

妻たちの描写が、絶望的につまらないです。

セリフ、シーン、気持ち、関係性…全部ひどい。

なのに、妻たちの人間ドラマ(っぽい感じ)を、やたら入れてくるのが気持ち悪いです。

この際リアリティはなくてもいいから、ツッコミどころ満載のネタドラマ方向でいいから、もうちょっと面白くして欲しいです。

事件部分は謎めいていて面白いです。

ミステリー方向にぐわーんと突っ走っちゃえばいいのにと思います。

来週は松井玲奈様が出るのでちょっと楽しみです。

松本まりか様ばりの怪演を期待!

 

第1話(7月4日)

わたし旦那をシェアしてた

(※写真:読売テレビ『わたし旦那をシェアしてた』公式ページより)

いまいちでした~

面白くなかったです。

ストーリー、セリフ、キャラ、演出、役者さんの演技…こちらの予想を超えてくる部分が1つもなかったです。

例えば、この設定のドラマで、

私(F2層)だったら、「女たちの感情のリアリティ」が見たいです。

「謎解きの面白さ」「男のクズッっぷりの面白さ」「女たちのドロドロ」「男性視点から描く女たちのイタさ」「役者のぶっ飛んだ演技(松本まりか様イメージ)」「現実ではありえないエキセントリックな展開」など、期待する人もいると思います。

面白さのツボは人それぞれです。

作り手は、このドラマのどこの何を面白いと思ってるのでしょう?

もしかしたら、スタッフごとに違ってて、まとまってないのではないでしょうか?(憶測)

何でもいいから、一つくらい、突出したツボを提示して欲しかったです。残念です。



『わたし旦那をシェアしてた』あらすじ(※ネタバレあり)

第2話

森下晴美(小池栄子)、小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本玲)の共同生活が始まった。染谷文江(夏木マリ)は、3人に課題を与える。その課題とは、”天谷恭平(平山浩行)がなぜシングルマザー専用のシェアハウスを運営し始めたのか?”だった。そんな中、晴美は元夫の室井正樹(安井順平)と再会。正樹は娘の沙紀(平澤宏々路)から恭平のことを知らされ、晴美たちを心配して会いに来たと言う。しかし晴美は、過去のトラウマから正樹を拒絶。なぜ正樹に連絡したのかと晴美が沙紀を問い詰めると、沙紀は反発し…。(読売テレビ『わたし旦那をシェアしてた』公式ページより)

【ネタバレあらすじ】

  • シェアハウスの管理人(夏木マリ)と刑事(渡辺真起子)が会っている。刑事、3人の妻(小池栄子、りょう、岡本玲)のうちの誰かが恭平を殺したと疑っている。
  • シェアハウスで共同生活している3人の妻たち。管理人が課題を出す。「恭平はどうしてシングルマザー専門のシェアハウスを運営し始めたのか?」を考え、3日以内に答えを出すこと。答えが正解だったものが勝者。3億円の遺産相続に一歩近づく。
  • そんな中、晴美(小池栄子)の前に、元夫(安井順平)が現れる。娘の沙紀(平澤宏々路)が今回のこと(事実婚夫が死んで3人の妻がいたこと)を話したらしい。
  • 晴美と娘、喧嘩になる。
  • 一方、刑事の捜査。恭平が未解決殺人事件(北神谷町事件)に関わっているらしいことがわかる。
  • 一方、シェアハウス。恭平殺しの実行犯・松田英明(赤楚衛二)がお手伝いとしてシェアハウスに住みこむ。管理人の指示で、3人の妻を探ることになる。
  • 元夫に付きまとわれている晴美。元夫は、モラハラ&ストーカー男。晴美、トラウマが蘇る。元夫、「昔のことは反省している」「娘のために」と口にする。揺れる晴美。
  • その頃、松田の元に、恭平殺しの実行犯仲間・森(黒木啓司)がやって来る。森の動向を探りに来ただけ。
  • 晴美と娘、大ゲンカ。娘、家を飛び出す。
  • 娘を探す晴美。娘は元夫と一緒にいる。元夫、娘を引き取ると言い出す。恭平の遺産めあて。
  • 元夫に娘を奪われそうになる晴美。そこに、2人の妻(りょう、岡本玲)が助けに来る。同じシングルマザーとして、晴美を援護する。元夫を撃退。晴美と娘も仲直りする。
  • 友情が芽生えてるっぽい3人の妻たち。恭平との出会いを披露し合う。
  • 3人の妻たち、管理人の課題への答えを出す。「彼がシングルマザー専用のシェアハウスを作ったのは、シングルマザーが必ず抱える寂しさや痛みをシェアすることで、シングルマザーたちが生きていきやすくなると思って作ったんだと思います。現にいま、私はみんなに痛みをシェアしてもらってます」
  • 正解。でもみんなで答えたから勝者なし。
  • 一方、森が殺されて川に投げ捨てられる。
  • 刑事は、松田の子どもの頃の写真を見ている。
  • 3人の妻たちはすっかり仲良くなっている。と、管理人と森から「恭平の診断書」を見せられる。恭平、余命6か月だった。10の秘密のうちの2つ目。
  • 恭平はなぜ余命を言ってくれなかったのか?困惑する3人の妻たち…(つづく)

 

第1話

食品会社の取締役として働く森下晴美(小池栄子)は、ある財閥の息子・天谷恭平(平山浩行)と事実婚状態で暮らしている。そんな中、晴美のもとに警察から、恭平が意識不明で病院に運ばれたという連絡が入る。晴美が病院へ向かうと、恭平は危篤状態。そこに恭平の妻と名乗る小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本玲)が現れる。3人の妻が顔を合わせてパニックになる中、恭平は息を引き取る。刑事の塚本美保(渡辺真起子)から恭平は何者かに殺されたと告げられ、ショックを受ける晴美、加奈子、茜。3人は、自分こそがの本当の妻だと言い争いになり…。(読売テレビ『わたし旦那をシェアしてた』公式ページより)

【ネタバレあらすじ】

  • 森下晴美(小池栄子)、娘がいる。会社役員。天谷恭平(平山浩行)と事実婚。
  • 恭平には他にも2人の女・小椋加奈子(りょう)・藤宮茜(岡本玲)がいるらしいことを匂わせるシーン。加奈子にも茜にも子どもがいる。
  • 恭平、強盗らしき男たちに襲われる。危篤。
  • 病院に駆けつける晴美。加奈子と茜もやって来る。
  • 3人の事実婚妻たち初対面。自分の他にも事実婚妻がいたことをはじめて知る。その反応。(←ここが初回の見どころだろうに、面白くなかった)
  • 恭平、死ぬ。
  • 事件を捜査するのは刑事の塚本美保(渡辺真紀子)。恭平の知人。恭平のことを好きらしい。
  • 晴美、恭平の遺言で、マンションを追い出され、シェアハウスに住むことになる。
  • 同じように追い出された、加奈子、茜もシェアハウスにいる。
  • シェアハウスの管理人は染谷文江(夏木マリ)。文江によって、晴美、加奈子、茜の基本情報が説明される。3人の共通点は、「シングルマザー」「不幸な過去がある」こと。
  • 恭平の1枚目の遺言書により、3人の事実婚妻のうち1人だけが遺産の3億円を相続できることも説明される。恭平が一番愛していた女がもらえる仕組み。ジャッジするのは管理人の文江。
  • 恭平の2枚目の遺言書には、「自分は10の嘘を吐いていた」と書いてある。
  • 3億円を相続するのは3人のうち誰か?恭平の死の真相は?10コの嘘とは?…
  • 謎を知るため、共同生活をすることに決める3人の事実婚妻。(つづく)



『わたし旦那をシェアしてた』視聴率

  • (第1話)3.1%
  • (第2話)発表され次第記します。

 

『わたし旦那をシェアしてた』基本情報

わたし旦那をシェアしてた

(写真:読売テレビ『わたし旦那をシェアしてた』公式ページより)

  • 脚本:二志光佑、三浦希紗、本田隆朗
  • 監督:湯浅弘章、瀧悠輔、林雅貴
  • プロデューサー:前西和成、中間利彦、熊谷理恵
  • 出演:小池栄子、りょう、岡本玲ほか
  • 主題歌:Hilcrhyme『事実愛 feat.仲宗根泉(HY)』
  • あらすじ:愛した夫の素顔を知るためにシェアハウスで共同生活を送る事になる、パワフルなシングルマザー達のファイティングミステリー!



今回のまとめ

しあわせちゃん

いつも好き勝手に批評して、すみませんえん。
連ドラ、大好き、最高かよ!

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA